【週刊少年ジャンプ感想】クーロンズボールパレード 頑張れ号 #今週のジャンプ #wj23

感想
※記事内容につきましては、作品に触れた個人の主観に基づく感想・考察になります。

みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。
今回はジャンプ感想について。

当記事では、ネタバレや著作権に配慮しストーリーの詳細な内容については伏せます。
ご了承ください。

今週のジャンプ感想

逃げ若

相変わらず漫画が上手いなぁという印象。
見やすくて尊氏のヤバさも伝わって良いと思います。
逃げ若に関しては個別記事であげているのでここでは割愛。

ドクターストーン

最後の「頬を伝うは喜びの涙」という煽り文が気になる。
いやまあ希望もあるのかもしれないけど、個人的にはもっと色々合わさった涙な気がしないでもない。
私が解釈違いを起こしている可能性もある。

ウィッチウォッチ

「先生鳴女に落とされたかな?と思いましたけど」はやっぱり秀逸。
掲載順も安定しているのでしばらくは大丈夫そうですね。

僕とロボコ

膝の書き込み具合に触れるロボ子ええぞ
あやトラのダークネスみに触れるママええぞ

アメノフル

コマのバランスやキャラのアップの使い方など気になるところは多いですが、
新キャラ関連の「いやいけるか?」コントは面白い試みだったので読後感は良かったです。

高校生家族

なんだこの普通に一郎を応援したくなる構成は…?
あと木乃独高校の部長の初登場コマが「リヴァイに似てるなぁ」と思いながら見てました。その後はそうでもなかった。はい。

あやかしトライアングル

やっぱりダークネスみが出てますねこれは……

まとめ

クーロンズの感想だけ異様に長い感想記事になってしまった。
後悔はしていない。

ちなみに私の中での今週のトップ3は逃げ若、ウィッチウォッチ、クーロンズです。

ではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました