【足跡機能】Fleet(フリート)についての評価の声【インスタのストーリー機能】

インターネット

Fleet(フリート)

みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。
今回はTwitterに新たに追加された新機能「フリート」について。

フリート機能について

元はTwitter社が「人に読まれることを意識して日常的な投稿ができなくなりつつある」との判断から実装された本サービス。
Twitter以外のSNSでは既に実装されているいわゆる「ストーリー」ですが、満を辞してTwitterにも実装されました。
さてこのフリート機能、現時点ではさまざまな声が上がっています。
以下が主なポイントとなっています。

・タイムラインの上部にフリートが固定される
・投稿後24時間で削除される
・フリートへの反応はDM扱いとなる
・フリートを閲覧したアカウントが投稿主の履歴に残る(いわゆる「足あと機能」)

スポンサードリンク

Twitterのフリートに日常的な投稿をしたい層は他のSNSのストーリーで間に合っているのではという声も上がっていますが、
一方で24時間で削除される上にタイムライン上に目立つ形で現れるので、テスト投稿には有効でしょうね。
宣伝活動としても閲覧者を把握しやすいため良いかもしれませんが、リツイートは出来ないため新規のファン層を取り込むための宣伝活動には生かしづらいかもしれません。

その他気になるのはDM欄への通知と足あと機能でしょうか。
まずDM欄への通知。
フリートへの反応は送った側も送られた側もDM欄への通知という形で記録に残るため、
反応が見逃しにくいというのはひとつポイント。
フリートからDMでのやりとりが盛り上がっていく、という流れは運営側が思い描いている形だとは思います。
一方でDMで本来やりとりしていた相手との会話が流れやすく、
特に多くの反応が起こりやすいユーザーにとっては、DMと併用しづらい事態も想定されます。
色んな人に見てもらいたいためにフリートが実装されているのに、フリートが多くの人に見られれば見られるほどDMが扱いづらくなってしまうため、
フリートとDMの機能が若干噛み合っていないのでは、という声も。

そして「足あと機能」も気になる人は気になるかもしれません。
Twitterにはこれまで能動的にいいねやリツイートといったアクションを起こさない限り、閲覧者のアカウントの特定はされることはありませんでしたが、
今後は誤タップであろうと鍵垢であろうと、足あと機能により
「誰がフリートを見たか」ということが投稿主に伝わる事になります。

自分の投稿したコンテンツへの反応をより正確に把握しやすくなる一方で、閲覧者側からすれば足あとを残したくないケースもあるかもしれません。

現時点ではさまざまな声があがっている本サービス。
果たしてフリートはTwitterに浸透するでしょうか。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました