【相棒シーズン18】第15話「善悪の彼岸~深淵」色々と雑な感想【右京さん/伊武雅刀】#aibou #相棒18

感想
※記事内容につきましては、作品に触れた個人の主観に基づく感想・考察になります。

第15話「善悪の彼岸〜深淵」

テレビ朝日,「相棒 season18」より引用

あらすじ

進行する連続殺人はロンドンの再来!?

宿命の敵との究極の頭脳戦、ついに決着!

スポンサードリンク

再来日した南井(伊武雅刀)の行動を注視していた右京(水谷豊)は、東京・山手線沿線で相次いで起きている殺人事件が、かつてロンドンの地下鉄で発生した“逆五芒星事件”と呼ばれる連続殺人と多くの類似点があることに気づく。そんな中、品川で警邏中の巡査が射殺される事件が発生。それもロンドンの事件の状況と酷似していたため、右京と亘(反町隆史)は、南井が逆五芒星事件をなぞっているのではないかと考える。原宿の転落死、日暮里の絞殺、品川の射殺に続く“第四の事件”は、何としても防がなければならない。右京は、ロンドンの事件の場所と被害者を照らし合わせ、池袋近辺にある大学の女性学長が次のターゲットではないかと推理。警察は、右京の進言に従って、女性学長の警護にあたるが…!? そして、南井の最終的なターゲットが右京の現相棒である亘ではないかと推測した右京はある行動に出て…?

相次いで起こる事件は南井から右京への挑戦状!?

最後のターゲットとして、相棒=亘に魔の手が…。

天才vs天才の戦いは衝撃のラストに向け、さらに加速する!!

ゲスト:伊武雅刀

放送前のあれこれ

さあいよいよ南井戦も大詰め。

もはや「使える」人間もその多くを失い、自分で直接手を下すようになってきました。

証拠を一切残さず、殺人を続けてきた南井ですが、この様子だと無事にロンドンに帰るのは難しそうですね…

逆五芒星事件の犯人同様に自殺で幕を下ろすか、

自殺しようとしたところを右京に止められ罪を償うことになるかの二択でしょうか。

個人的にはマリアのことで熱くなっている冠城くんが差し違えたりしないかとヒヤヒヤしております。

シーズン19に向けて、まだまだ生き延びてくれ冠城くん。

あと前回視聴中、マリアが命を落とす3分前に「マリアは花の里の女将になる」とか言ってた視聴者が居たようですよ。

はい、私です。結果を見れば盛大にフラグをぶち立ててしまいました。

今回は出来る限りフラグを立てないよう、大人しくしています。

生き残れ冠城くん!(フラグ)

放送中・放送後の感想

さあいよいよ始まった南井との最終決戦。

逆五芒星事件を再現すると目される南井の手から特命係は人々を守ることができるのか。

どうやら前回の五芒星事件同様に被害者もなぞらえていくようで…

第三の事件では警ら中の警官が撃たれてしまいました。

第四第五の事件が残っていることを鑑み、刑事部長に進言し、次に狙われる可能性のある「池袋近辺の大学の学長」を調べ、特定する特命。

そこに南井が公衆電話で連絡を入れてきます。

右京さんにブチ切れたかと思えばマメに連絡を入れてきたりと、南井さんは実はツンデレさんなのでしょうか。

以前から「相棒に登場するキャラクターほぼ全員ツンデレ説」を提唱してきた私ですが、

まさか容疑者側にもツンデレが現れるとは驚きです。



スポンサードリンク

右京曰く「南井はここにきて法則を崩してきている」と推理。

右京たちが特定した学長がすんなりと狙われることにはならない、というフラグでしょうか。

ここでロンドン時代、相棒時代の南井と関わっていた右京のことを思い出す、現在の南井。

窓越しに歩く女性を発見し、付近に居る外国人に対し意味深に目配せします。

その後外国人と共に女性を追い、殺害。

前回からの推理で行けば外国人ではなく南井本人が殺害している可能性は十分にありますね。

さてここで、雨でもないのに4件目の被害者がなぜ赤い傘を持っていたことかと不審がる右京。

被害者が買った傘の店に訪れ、被害者が寄った店から被害者の連れにジョゼフ・ジョンソンという外国人男性がいたことが発覚。

ジョゼフに聞くとあくまでただの逢瀬だった、と発言。

またジョゼフ曰く「彼女はホテルで知らない男にじっと見られた、と話していた」と話しています。

頑張れジョゼフ!もっと情報流せジョゼフ!

謎の男性のことを聞くと「私を見てない、わからない」と話すジョゼフ。

おいジョゼフ!女性からもうすこし聞いてなかったんかジョゼフ!

さてホテルでたまたまエレベーター内にいる南井を発見した特命。

次に起こす時間でも南井がホテルを利用する、と読んだ特命は先回りするようにしますが、後を追おうとした矢先に止めていた車の近くに

不気味に描かれた五芒星が。

これを見た右京は冠城亘に対し「特命係をやめてもらえますか」「逆五芒星事件は最後の被害者は刑事の相棒だった」と話します。

冠城が被害に遭う可能性が極めて高い、したがって君が特命を辞めれば南井のシナリオから外れることになる、と話す右京。

それに対して「特命を辞めることは負けになる、ここで特命を辞めるということは犯罪に屈することになる」と熱く語る冠城亘。

おいおい…なんだ熱いぞ冠城

右京は「ならばせめて、ここ(特命の部屋)を出ないで下さい」と話す右京さん。

いやこれ絶対部屋から出るフラグでしょう。

絶対部屋から出て単独操作して南井に危ない目に遭わされるやつですよ。

その後cm前に流される相棒の断片的な今後の映像に、どこか野外を走る冠城亘が映されます。

いやめちゃくちゃ外走っとるやん冠城くん!!

もう右京さんとの約束破るの確定してるやん!

思いっきり外に出ているのを見てしまって爆笑してしまいました。



スポンサードリンク

cm後、特命の部屋から「標的は俺じゃなくて右京さんの可能性もあるんじゃ」と電話をかける右京。

右京は「もしそうならば望むところです、これは初めから私と南井の問題」と話します。

電話を切った後、南井から冠城のもとに電話が。

「最後は有楽町だったな、これから行ってやる。やれるもんならやってみろ」と有楽町に向かう冠城。

有楽町駅に向けて疾走します。

いやめちゃくちゃ外出とるやん!

約束破るのは確定していましたが、約束してから2分ほどで外に出るとは思いませんでした。

即落ちにも程があるでしょう。

有楽町駅近辺にて、南井を発見、通報しながら後を追う冠城。

これから確実に危ない目に遭うわけですが、果たして右京は相棒を守ることができるのでしょうか。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました