【デュエルリンクス】デッキ構築の段階で対策が必要なカード一覧

ゲーム

※記事内の画像に関しては、

Konami Digital Entertainment,スタジオダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI,アプリ「デュエルリンクス」より引用しております。

みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。

今回はデュエルリンクスについて。

詰み性能の高いカード

今回はランク戦に臨む上で「このカードの対策はデッキ構築の段階から意識しておいた方が良いだろう」というカードを挙げていきます。

これから上げるカードは単純にカードパワーが高いもの、というよりは

対策をしていないと詰みかねない上に対策も取りづらい」というものに絞られます。

したがって例えばE HEROブレイヴ・ネオスのように「採用率は高いし強いけど攻略法もたくさんある」カードは載せません。

それでは。

 

Konami Digital Entertainment,アプリ「デュエルリンクス」より引用

 

エニシ

まずはこちら。

現環境で最も厄介な存在と言っても良いでしょう。

「相手ターンにも発動できるバウンス」という便利過ぎる効果を武器に、

通常召喚したばかりのモンスターを潰したりエースモンスターを潰したりとやりたい放題。

壁モンスターを並べてもバウンスされワンキルされてしまうということもしばしば。

デッキ構築の段階で「エニシで詰まない」よう意識する必要があります。

具体的な対策としてはスキル:墓所封印、カラクリ参参九等のリバースモンスター、底なしやカナディア、ラヴァゴーレム等。

対象に取られないオベリスクやヘイズビーストも対策としては有効です。

サイファースカウター&クリボールのように複数枚を費やして相手の墓地リソースを消耗させるのも良いかもしれません。

さて、逆に言えばこういった対策が無い状態で六武衆とマッチングした場合は

常にエニシによりバウンスを繰り返され、一方的に封殺されるリスクがつきまとう、ということになってしまいます。

大変危険ですので安定した対策を積んでおきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました