【遊戯王】押収、強引な番兵について【なぜ禁止なのか】

OCG
スポンサードリンク

みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。

今回は押収と強引な番兵についての記事となります。

IMG_2010

【強引な番兵について】

相手の手札を確認し、その中からカードを1枚デッキに戻す

IMG_2014

【押収について】

1000ポイントのライフを払う。
相手の手札を見て、その中からカードを1枚選んで捨てる。

相手の手札を確認し1枚をデッキに戻してしまう(捨ててしまう)ハンデス効果を有する魔法カード。
発動条件が軽く、手札が少なくなるゲーム終盤でも全く腐らないのが強み
相手からすればキーカードを失ううえに他の手札を全て確認されてしまうためたまったものではないでしょう。
このカードにより直接的なアドバンテージを得ることはできませんが、大きな情報アドバンテージを獲得することが可能です。
相手が次のターンにどういった行動をするかの予想が簡単につく上、伏せカードに関しても筒抜け同然。
特にこのカードが真価を発揮するのは先行1ターン目。
下級モンスターやサーチカードをハンデスすることで展開を封じたり、強力な制限カードを潰して相手の決定力を削いでしまっても良いでしょう。
本来はうまく回るはずの手札なのに、「強引な番兵」や「押収」により手札事故を引き起こさせられてしまうことが出来てしまうのです。
スポンサードリンク

コメント