【遊戯王】苦渋の選択について【なぜ禁止なのか】

OCG
スポンサードリンク

みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。

今回は苦渋の選択についての記事となります。

IMG_2006

 

【苦渋の選択について】

自分のデッキからカードを5枚選択して相手に見せる。
相手はその中から1枚を選択する。
相手が選択したカード1枚を自分の手札に加え、
残りのカードを墓地へ捨てる。

5枚ものカードを相手に提示し選ばせ、選ばれたカードを手札に、それ以外のカードを墓地へ送る効果を有している魔法カード。
本来はサーチ効果がメインなのですが、相手が選択する以上そうそう自分にとって都合の良いカードを選んでくれる、ということはないでしょう。
とはいえ類似した効果のカードを5枚選ぶことで必要なカードだけを確実にサーチをすることが出来ます。
アドバンテージの損失なくカードをサーチできるため、非常に有用なカードといえるでしょう。
しかしこのカードの真価はその圧倒的な墓地肥やし効果にあります。

IMG_2007

  • 規格外の墓地肥やし効果

  相手に選ばれなかった残りの4枚は墓地に送られます。ここが「苦渋の選択」の脅威的な点。
  「墓地に送られることで効果を発揮するカード」を5枚選ぶことでそのうちの4枚の効果を確実に発動させることが可能です。
   もちろん墓地から特殊召喚させたいモンスターを墓地へ送ったり、
   ダークアームドドラゴンの素材モンスターの調整を行なったりと使い方は挙げ始めればキリがありません
スポンサードリンク

コメント