【ONE PIECE】ニキュニキュの実 最強説【くま】

悪魔の実
はい、みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。今回はニキュニキュの実について考察していきたいと思います。
王下七武海の1人であるバーソロミューくまが食べた実ですね。
可愛らしい名前に反して汎用性の高い能力で多くの海賊を苦しめました。

ニキュニキュの実について

手のひらに肉球ができ、触れたものを弾くことができる

   あらゆるものを弾くことが出来る肉球人間
まさにどんなものでも弾くことが可能であり、ガレキや刃物、果ては飛ぶ斬撃や炎すら肉球で捉えればどこまでも弾き飛ばしてしまう。
どんな肉球なんだ
また、後述でも紹介しているが、もはや肉球1つでどうこうならないであろうものまで弾き飛ばすことが出来てしまう。
能力を限界まで鍛えた結果なのだろうか。
   大気をも弾くこともでき、中距離攻撃の手段にしたり、弾いた反動で高速移動をしたりと応用は様々にきく。
   大気に圧力をかけ圧縮し爆弾を作ることすら可能であり、その破壊力は抜群である。

人間を弾き飛ばすことができる

       

   色々なものを弾き飛ばせるため当たり前ではあるが、人間も弾き飛ばすことが可能。
しかも超長距離に渡り弾き飛ばせる。
 
その弾き飛ばす範囲はいくつもの島々を超えた更に先にまで及ぶほど。
この能力を使えばどんな強力な能力者でも海しかない場所まで弾き飛ばして叩き込むことが出来てしまう。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました