スポンサードリンク

【虫の知らせ?】頻発?「シンクロニシティ」とはどういう意味か【事例】

スポンサードリンク

みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。

今回は「シンクロニシティ」について。

シンクロニシティとは

スポンサードリンク

シンクロニシティとは、スイスの精神科医であるカール・グスタフ・ユング氏が提唱した
「意味のある偶然の一致」という概念のことです。

日本語では『虫の知らせ』を始め、『同時発生』、『共時性』などの言葉にも訳される通り、

因果関係がない2つの事象が類似性と近接性をもつことを指します。

事例

例えば「病室で家族が息を引き取った」その時に「自分が履いていた靴の紐が切れた」というのが、

一つのシンクロニシティの例としてあげられます。

先ほどもお伝えした通り、これは日本語では「虫の知らせ」としても聞き馴染みがありますね。

一方でシンクロニシティには2つの現象の間に「因果関係がない」必要があります。

靴紐が切れることと家族が病室で息を引き取ること、この2つの事象には何のつながりもありません。

仮に少しでもこの2つの事象が発生した時間がずれれば、

そこに意味を見出そうとすることさえしないでしょう。

このように本来であれば関連性が意識されない2つの事象が、「同じ時に発生する」からこそ意味を持つ、という

通常の因果関係とは異なる意味をもつのがシンクロニシティともいえます。

ネット上の反応

スポンサードリンク

コメント