スポンサードリンク

【イブの意味とは】クリスマスイブイブは存在しない【12月23日24日】

スポンサードリンク

みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。

今回はクリスマスイブ、またイブイブについて。

クリスマスイブイブとは

スポンサードリンク

もはや殆どの方が何らかの形で関わったことがあるでしょう、クリスマス。

そうです、12月25日ですよね。

ではクリスマスイブとは、またクリスマスイブイブとは一体「いつ」を指すのかご存知でしょうか。

「クリスマスが25日、クリスマスイブが24日だから、クリスマスイブイブは23日だ」というのが大まかな認識でしょう。

つまり「イブ」が「前日」を意味している、という解釈ですね。

ですがこれは誤り。

そもそも「イブ」とは

まず「クリスマスイブ」とは、「クリスマスの前夜」ではなく、「クリスマスの夜」を指します。

詳細は以下の通り。

読み飛ばして頂いても構いません。

ユダヤ暦では日没をもって日付の変り目としており、

したがって、この種の暦を採用する教会では、クリスマス・イヴの日没からクリスマスを起算するため「クリスマス・イヴ」は既にクリスマスに含まれています。

つまり、「クリスマス・イヴ」とは「クリスマスの前夜」ではなく、その言葉の通り、正に「クリスマスの夜」というわけです。

要するに24日の夜からクリスマスは既に始まっており、その時間帯をクリスマスイブと呼んでいるのです。

つまり厳密には「クリスマスイブ」とは24日の日没以降の夜間帯のみであり、

少なくとも24日のお昼はまだ「クリスマスイブ」ではないわけです。

太陽が沈んで始めて「クリスマスイブ」が始まるわけですね。

クリスマスイブイブについて

そして先ほども言った通り、「イブ」とは「クリスマスの夜」を指すものであり、「クリスマスの前夜」を指すものではありません。

となると「クリスマスイブイブが23日である」という解釈もおかしくなってきます。

「クリスマスイブイブ」は元々存在せず、意味としてもあまり通らないもの、ということになります。

そもそも「イブイブは23日」がアリなら、

「イブイブイブは22日」、「イブイブイブイブは21日」、1月1日は「イブイブイブイブイブイブ…」

やめましょう。1月1日は普通に元日です。


さて本来の意味に関しては以上ですが、だからといって「その通りじゃないなら間違いだ」と慎む必要もありません。

もはや「24日はクリスマスイブ」というのは概ね共通認識です。

「23日がクリスマスイブイブ」というのも馴染んできた、という人も居ることでしょう。

考えを押し付け合うことなく、各々の楽しみ方をするのが1番だと思います。

と言うわけで今回はこの辺りで記事を締めます。

また次回お会いしましょう、さようなら。

※クリスマスに関する他の記事はこちら

クリスマスをぼっちでも過ごせる方法について

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました