スポンサードリンク

【いる?いない?】ネッシーの正体について【外科医の写真】

スポンサードリンク

みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。

今回は「ネッシー」について。

スポンサードリンク

この記事をわざわざ開いて読んでいるみなさんに改めて説明は必要ないかもしれませんが、

一応ネッシーの概要について。

ネッシーとは

そもそもネッシーとはイギリス、スコットランドに存在するネス湖で目撃された未確認生物のことです。

現在のようにネットが普及する以前、

TVではネッシーを代表とする未確認生物を取り上げて大騒ぎしていた時代もありましたね。

個人的にそういった番組がなくなるのは少し寂しい気もします。

目撃情報

そしてネッシーに関する目撃情報は主に1930年代以降に多くあがりました。

とはいえそのほとんどは不自然にトリミングされたりといった捏造や、あるいは既知の大型生物や流木などをネッシーと誤認したものであったりと、

ネッシーの存在を確定付けるものではありませんでした。

中でも衝撃なのはいわゆる「外科医の写真」。

外科医の写真

こちらです。

「見たことがある!」「ネッシーと言えばこれ」と言う方も多いのではないでしょうか。

これはロンドンのとある外科医が1934年の早朝、友人と共に鳥を撮影しようとネス湖に訪れた際に

突如湖面に現れた「ネッシー」を撮影した時の写真、とされていました。

しかしそれから40年近く経った1993年、外科医の知人が「この写真は捏造だった」と告白したのです。

「はじめはエイプリルフールのジョークのつもりだった」らしいですが、

想像以上にネッシー人気が過熱してしまった結果引くに引けなかった様子。

確かに「実はこれ全部嘘でした」なんて言えませんね。

ネッシーは居るのか居ないのか

では実際にネッシーは居る可能性はどの程度あるのか?

ではまずは「ネッシーがいないかもしれない」根拠から見ていきましょう。

そもそも竜脚類ではない

20世紀後半の研究ではそれまでは水中で生息している、とされていた大型の竜脚類は実際は陸生だったことが明らかになっています。

本当はキミ地属性なんやで

そのためそれまで定説とされていた「ネッシーは大型竜脚類の生き残り」説はその信憑性を落とす形となりました。

地属性なんだから仕方ありません。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました