→では肝心のどういった形で再登場するのか。
    くいなはすでに作中で葬式が行われており、少なくとも世間的には死んだものとなっています。
    しかしMr.2やぺル、サボのように「死んだと思われていたけど実は生きていた」キャラクターは非常に多いONE PIECEでは「間違いなく死んだ」とは言い切れません
    ですが葬式が行われていたのは事実であるため、なぜわざわざ死を偽装したかについて理由が必要です。
     例えば「くいなは何者かに命を狙われており、死んだことにしてどこかに匿った」可能性があります。
   もしそうだとしたら、ゾロの師であるコウシロウも一枚噛んでくることでしょう。
   しかし個人的にはくいな本人が再登場する可能性は低いかなぁと。
   くいながここで再登場してしまうと今度は「たしぎ」が登場した意味が薄まるんですよね。
本当にただのそっくりさんで終わってしまいますし、今後たしぎが登場しても、
「くいなが生きていることを知っている」ゾロとたしぎの関係も中途半端になってしまいます。
  尾田先生としても、「実はたしぎはくいなと何らかの関わりがあるんじゃないか」とギリギリまで思わせたいはず。
  
   
ですので、くいなが直接登場する、というよりかは
    「くいなの生存がほのめかされる」、
あるいは「くいなに関する情報が出る、くいなに関係した刀が登場する」程度かなぁというのが私の予想です。

 

   さて、私以外にも917話でくいなに関して考察を見かけました。
       「実はお菊の正体がくいなだった」という説も出ていますが、そもそも体格があきらかに違いますし
ゾロとお菊に面識があったとしたらもう少し絡みがあるなり意味深なコマ割りなりがされるはずです。
     そもそもお菊に関する記事(http://www.nightview7.com/archives/76860599.html?ref=popular_article&id=6406205-7164275)でまとめた通り、お菊はくいなというよりは光月家に大きく関わる人物とみているので。
さて、なんだかんだ言ってますが結局答えを知っているのは作者の尾田先生だけです。
917話を待ちたいとおもいます。
それではこの辺りで記事を締めたいとおもいます、また次回お会いしましょうさようなら。

コメント

タイトルとURLをコピーしました