スポンサードリンク

【M-1グランプリ2018】決勝戦のリアルタイム順位予想&感想&点数審査

スポンサードリンク

みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。

今回はM-1グランプリについて。

M-1グランプリ決勝戦

スポンサードリンク

さあいよいよ来ました、決勝戦。

敗者復活戦の記事と同じく、この記事では

登場コンビごとの感想と、私が感じた点数をリアルタイムで更新していきます。

記事の後半に空白の欄が大量にあるのはそのためですね。

その空白に何を書き込むことになるのか、私にもわかりません。

というわけでこの記事をご覧の皆さん、随時この記事の更新をお願いします。

※記事の更新をスムーズにするために、既にページを分割しております。ご了承ください。

雑談

そして始まるまでの雑談。

M-1グランプリは他のお笑いコンテストと比べると「これがきっかけで人生が変わった芸人」が本当に多いです。

だからこそ皆が真剣で、それ故にどのコンビも格好よく見えるのかも知れません。

個人的には

「登場シーンでコンビ名を読み上げられながら扉が開く瞬間」がたまりません。

BGMも相まって、あれは本当に格好いい。

また、これまでM-1グランプリについてのデータ(どの出番順が有利なのか等)を具体的な数字とともに考察しております。

この記事のページ下、「お笑い」カテゴリから是非ご覧になってください。

大会開始からネタが始まるまで

はい、なんというかそわそわしますね。

例年通り今田耕司さんと上戸彩さんが司会。

この華やかな電飾とお馴染みのBGM、まさにM-1グランプリが始まったという感じです。

にしても4640組の参加、というのは改めて見てもえぐいですね、お笑いブームは一息ついたはずなのですが。

そして煽りVTRに出てくるマヂカルラブリーとジャルジャルは本当に去年の大会で印象的でした。

そして出ました、恒例「俺たちが1番面白い」。

前説はくまだまさしだったんですね…。これも恒例です。

そして芸人にとってかなり厄介な笑みクジシステム。まさに運要素の塊ですね。

にしてもまさかクジをお祓いして清めているとは…笑ってしまいました。あれは卑怯です。

さらに今回はなんと何人かのアスリートが笑みクジを引くことに。

吉田沙保里さんが出番順を決めたM-1グランプリ2004年を思い出します。と思ったらまた吉田沙保里さんも引くのか…

そしてここで審査員登場。

ナイツ塙の登場時にナイツのM-1のキャッチコピーだった「浅草の星!」と紹介されるのは熱いですね。

そして上沼さんとマヂカルラブリーの絡みが見たい。絶対面白いでしょう。

オール巨人さんの噛み方が凄い…

さあそしていよいよ敗者復活組の結果が出ました。

私が投票したのは「プラスマイナス」「マヂカルラブリー」「金属バット」。

果たして誰が選ばれるでしょうか。

マヂカルラブリーと金属バットが落ちてしまいました。

さあプラスマイナスとミキ…果たしてどちらが上がるでしょうか。

敗者復活はミキでした。

プラスマイナスこれは悔しい…

敗者復活戦で出来は1番良かったんですけどね。

さあいよいよファーストラウンドへ。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました