【KOC】キングオブコント2021を視聴しての感想【採点・審査員の点数&順位・結果】

お笑い

皆さんこんにちは雨崎です。
今回はキングオブコントを視聴して個人的に感じた点について。

キングオブコント2021

はい、もうすっかり恒例となった各種お笑いコンテストの感想&採点記事。

前回は個人的な事前予想として、コロナの影響から舞台数が少ないために、「例年なら初出場のコンビが優勢だが、今年はベテラン勢となるGAG、ジャルジャルが優勝するのでは」という予想を立てて望んだ観戦。

さて今回は、比較的場が落ち着いたこともあって、前年度よりも若手〜中堅層の強さが出る大会になるのではないかな、と思います。

そんな中で優勝するのは、強さや勢いを考えてニューヨーク、空気階段と予想します。

ベテランが強さを発揮しやすい土壌が揃っていた前年度と比べて、今年は賞レースでの活躍目覚ましい若手〜中堅勢の勢いが出る大会になるのかなと。

ファーストステージ

ではリアルタイムで感想をつけていきたいと思います。観戦。

蛙亭

実際の点数:461点
個人的な点数:91点
トップバッターとして素晴らしい爆発を起こしたのではないでしょうか。
設定やビジュアル的なインパクトも大きく、キャラクターも立っており、
ライト層への引きの強さも抜群だったと思います。
その中で一種の気持ち悪さもあり、その辺りのバランス感覚が素晴らしいなと。
にしても461点すごい得点が出ましたね…
これはなかなか爆速ダッシュを決めたのではないでしょうか。
かなりお客さんが暖かい印象を受けます。M-12017並みに。

ジェラードン

実際の点数:462点
個人的な点数:90点
全員声が良いのが、コントと相性が良くて素晴らしいですね。
シンプルなボケの間に挟まるボソッと突っ込みがいいですね。
ビジュアル、動き、ワード、そしてキャラクター、全てが面白かったと思います。
いやこれは審査員の皆様、点数をつけるの難しいでしょうね…
はやくも好みによって点数がバラけ始めそうな予感が。
と考えていたら一点差の462点…いや今回かなりレベルが高いですね。
そしてやはりお客さんが本当に暖かい。
この展開だと、おそらく中盤〜終盤にかけてお客さんの笑い疲れ&食傷により、大きく苦戦するコンビが出てきそうな予感。
順番も大きそうですね。




男性ブランコ

実際の点数:472点
個人的な点数:94点
いや、掴みの爆発力が凄すぎる。
完全に裏切られました。このコテコテのヤケた関西弁具合が絶妙ですね。
そして関西弁一辺倒のボケに慣れかけたところで、
突っ込みの男性の「好きだなぁ…」という独白。このバランスの取り具合が素晴らしいですね。欲を言えばもうちょっと間を取った方が効果的なのかなと思いました。
そしてまさかの後半2部構成。いや、これはわかりやすいし上手いし面白い。
いいネタですね…。
そして472点という超高得点。
いや、すごい大会になりましたね…これは歴代最高得点(どぶろっくさんの持つ480点)以上が出る可能性もあるのではないでしょうか。

うるとらブギーズ

実際の点数:460点
個人的な点数:88点
特徴的な名前の連呼で笑いました。
かなり勢いのある出だしから、笑わずに館内放送を終えなければ、というある種の「あるある」も含めた、実は人間的なネタなのかなと。
あと、これは個人的な印象なのですが、うるとらブギーズはトップバッターで自分たちの空気に染めていく方が向いている感じはありました。
そして点数は460点の一点差で敗退…レベルが高い。

ニッポンの社長

実際の点数:93点
個人的な点数:463点
この淡々とボールが命中し続ける感じ、
そして最後ホームランを打ちまくっていくギャップも良いですね。
賑やかなネタが続いた後のこのネタ、
私は本当に好きなのですが、フリがかなり長く審査員からするとそこを差し引かれる可能性があることと、
途中頭に命中し出したあたりでちょっとお客さんが引いたかな…
さて、実際に審査員の方の点数もかなりばらつきが出るという結果に。
私は好きでしたが、ただ低くつけた審査員の方の気持ちもわかります。
好みが分かれるネタでしたね。

そいつどいつ

実際の点数:456点
個人的な点数:92点
このカップル間のリアルな感じと、彼女が絶妙に可愛い感じが良いですね…
ビジュアルのインパクトと効果音による爆発力が素晴らしかったと思います。
最後のホラー寄りの展開も、お客さんによっては引かれてもおかしくないラインになるところを、
ぶっ飛んだ動きとわかりやすい悲鳴により、むしろプラスの笑いに昇華していたのは素晴らしかったです。
私は好きでしたし、笑いの量的にももうちょっと点数が伸びる気はしましたが、お疲れ様でした。

ニューヨーク

実際の点数:453点
個人的な点数:91点
さて、前年度のKOCやM-1での活躍、バラエティでの人気も含め優勝候補筆頭と言ってもいいでしょう、ニューヨーク。
去年の私は結婚式のネタが一番笑ったのですが、今年も結婚式に関するネタ。
賞味期限と消費期限を確認するくだりからハマってきて、タバコ吸いながらスマホを見始めるあたりで好きになりました。
最後にラッシュを詰め込んでかけていく感じも賞レースに向けて強めに寄せた感じはありましたね。
欲を言えば去年のドリルのような、尖り切ったボケが見たかった感じはありました。

ザ・マミィ

実際の点数:96点
個人的な点数:476点
「こういうタイプに話しかけるな」「オレが二万も貸せるわけないだろ」
2人のキャラクターとセリフのインパクトが良くて、爆笑しながらどんどん2人に愛着が湧いてくるんですよね。
キレッキレだったと思います。これまでで一番笑いました。
そしてここまででトップ得点、476点!
山内さんの「あんな汚いミュージカル初めて見ました」というコメントも好きでした。
あとジェラードンの「なんでもっと点数入れてくれなかったんですか小峠さん」に対する
小峠さんの「オレがもっと入れてたところで落ちてただろ」というレスポンスに笑いました。




空気階段

実際の点数:486点
個人的な点数:97点
さてニューヨーク同様、経歴的には優勝候補筆頭として参戦した空気階段。
お腹の揺れ方ずるいでしょうこれ笑
もう動いてるだけで面白い。
警察と消防官がMの格好で避難指示をしたくだりで爆笑しました。
力尽きて倒れたくだり、ストッキングを引っ張って顔をつぶれる下りと、
ほんとにできることを全部やり切ったネタではないでしょうか。
めちゃくちゃ面白かったです。
そして!歴代最高得点である486点!!
歴代最高得点が出そうとは思いましたが、
出るべくして出たなぁと。
実力ガチガチの空気階段ですので、2本目の心配もないはず…
これは優勝最有力ですね。

マヂカルラブリー

実際の点数:455点
個人的な点数:93点
はい、マヂカルラブリーはコントも面白いのですが、
直近の順番でウケた組が続いていて少し苦戦するのでは。
めちゃくちゃくだらないことをするこっくりさんからの、しんだ状態で無理やり動かすくだりのヤバさ加減が好きでした。
野田さんの動きが本当に物凄く上手いんですよね。
笑うというよりも、その動きを「上手いなぁ…」と引き込まれながら見ていた人もいたのでは。
私はかなり好きなネタだったのですが、命を落とすあたりからのホラー展開で少しお客さんが引いたかな…。
最近の流れでは優勝候補がトリ出番はちょっと不発に終わるケースが多いですね。
笑い疲れた状態でハードルを上げながら見るからでしょうか。

ここまでの個人的順位

97点:空気階段

96点:ザ・マミィ

95点:

94点:男性ブランコ

93点:ニッポンの社長、マヂカルラブリー

92点:そいつどいつ

91点:蛙亭、ニューヨーク

90点:ジェラードン

89点:

88点:うるとらブギーズ

ファイナルステージ

男性ブランコ

実際の点数:463点(935点)
個人的な点数:95点
1本目に続き面白い。
展開の変化や緩急、キャラクターやセリフが本当に上手くて、
どのネタも面白いんだろうなと感心しながら見ていました。
いやぁ…レベルが高すぎます。

ザ・マミィ

実際の点数:459点(935点)
個人的な点数:90点
こういう崩しをメインにしたネタは多くあると思いますが、
それ一本でかなり強気に押していったなという印象。
個人的には途中で大幅な展開の変化があると緩急がついて、より好きだったかもしれません。
今大会レベルが高すぎて「面白いのが当たり前」になっていて、かなり採点も難しくなってきました。
審査員の皆さん非常に大変だと思います。ひええ。
そしてまさかの同率1位。
こうなると空気階段が圧勝優勝という線が濃厚になってきましたね。
450点以上で優勝ということなので、今年の採点ラインを考えると、かなり確実だとは思いますが…。




空気階段

実際の点数:474点(960点)
個人的な点数:96点
もぐらさんのキャラクター性が存分に出ていて良かったと思います。
最後メガトンパンチマンの登場といい、可愛さが滲み出た、今の時代にもかなり対応したネタだったのではないでしょうか。
これを書いているのはまだCMの段階ですが、460点台後半は出るのはほぼ確実だと思います。
1本目から2本目まで全く隙なく、終わってみれば圧巻の優勝といって差し支えないでしょう。
そして結果が出ました!空気階段優勝!!
おめでとう!!!

最終順位

1位:空気階段…486点+474点(960点)

2位:ザ・マミィ…476点+459点(935点)

2位:男性ブランコ…472点+463点(935点)

4位:ニッポンの社長…463点

5位:ジェラードン…462点

6位:蛙亭…461点

7位:うるとらブギーズ…460点

8位:そいつどいつ…456点

9位:マヂカルラブリー…455点

10位:ニューヨーク…453点

個人的順位

97点:空気階段(1本目)

96点:ザ・マミィ(1本目)、空気階段(2本目)

95点:男性ブランコ(2本目)

94点:男性ブランコ(1本目)

93点:ニッポンの社長、マヂカルラブリー

92点:そいつどいつ

91点:蛙亭、ニューヨーク

90点:ジェラードン、ザ・マミィ(2本目)

89点:

88点:うるとらブギーズ




感想

今年は本当にレベルが高い年だったなぁと。これだけ460点台以上が連発する年も中々ないでしょうね…。

序盤の爆発力含め、M-1 2019を見ている感じがありました。

全組面白かった。すごい大会でした。

優勝の空気階段は480点台+470点台という凄まじいスコアでの優勝。

今年は間違いなく伝説となるほどレベルが高い年なので、その中で優勝というのは松本さんも言う通り、

非常に価値あるものだと思います。

1本目凄かったですが、2本目も良かったなぁ…。

改めて空気階段のお二人、本当におめでとうございます!

誰一人滑ることなくやり切ったKOC!

下位に沈んだニューヨークやマヂカルラブリーも面白かったですし、彼らの場合はバラエティでのいじられネタにも昇華できるので、

本当に損する人がいない大会となったのではないでしょうか。

お客さんもかなり暖かった。

本当に楽しい時間でした!ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました