スポンサードリンク

【2018-2019まとめ】実在!キラキラネーム一覧【改名?いじめ?名前ランキング】

スポンサードリンク

外国語読み部門

さて続いては「漢字を使っているものの読みは外国語」という初見殺しな名前達を集めました。

日本に留まらず世界にも通用するキラキラさが特徴です。

スポンサードリンク

では見ていきましょう。

偉人(ぐれいと)

まずは名前の時点で人生に異常に高いハードルが設けられている「ぐれいと」くん。

なにせ生まれた時から偉人が確定しています。

とはいえ親にとっては子供は偉人同然に尊い存在、ということなのかもしれません。はい、我ながら良いまとめ方しました。

主人公(ひーろー)

さあ偉人が来るなら次はヒーローだ、ということで主人公が登場。

なにか壮大な物語が始まる予感がしますね。

聖戦(じはーど)

自己紹介の時に「田中ジハードです」と言うことになるとすれば凄まじいインパクトです。

明らかに只者ではありません。

皇帝(しーざあ)

まさかの皇帝が降臨。

日本では既に「天皇」が存在しますが対抗していく、と言うことなのでしょうか。

深くは掘り下げないでおきます。

純粋(ぴゅわ)

「ピュア」じゃない辺りがモヤモヤします。

本来であれば「私は」という文章になるところを「私わ」としている人並にモヤモヤします。

大男(びっくまん)

アベンジャーズとかに居そうですね。

神王(ぜうす)

ここで全能神、ゼウスが登場。

下手に名前をいじると何らかの制裁を受けかねないためノータッチでいきます。

ところでキラキラネームにおける「神」の登場率の高さが気になります。

最近の子供はみんな人間ではなく神なのでしょうか。

高飛(じゃんぷ)

シンプルイズベスト。

少年漫画の主人公ぽくてとても爽やかな印象を受けます。

力(ぱわ)

「ぱわー」ではないのは何故なのでしょうか。

ご両親が名前を記入する際に「ぱわ」と書いたところで力尽きたのでしょうか。

戦士(をりあ)

「ウォリアー」ではなく「をりあ」という非常に個性的な表現が見られます。

ひょっとすると「みつを」的なことなのかもしれません。

「人間だもの、をりあ」的な。


スポンサードリンク

「読めるけど…」部門

さてここからは「漢字通り読めるけど…」となんだかモヤモヤしてしまう部門。

これまでのキラキラネームとはまた違った趣があります。

それでは。

大麻(たいま)

まずはこちら。

自分を撲滅するキャンペーンが頻繁に行われていることを将来的に知った時の反応が気になります。

金魚(きんぎょ)

名前は金魚ですが人です。

…人ですよね?

妃仁(ひにん)

避妊を彷彿とさせるキラキラネームですが、

使われている漢字などは比較的一般的なものです。

茄子(かこ)

名前はナスですが人です。

…人ですよね?

愛歩(あほ)

「おーい、アホ!」

「今日の飲み会に来るのはゆかりと、さやかと、アホかぁ」

「こんな問題もわからないなんて、本当にアホやバカやなぁ」

…はい、はたから見ると凄いディスられてるように感じる名前ということだけはわかりました。

覇安威(はあい)

名前で返事をする辺り礼儀正しくて良いですね。

万華(まんげ)

今からでも「鏡(きょう)」を加えて欲しいと切に願っております。

射夢(じゃむ)

こちらも私の心が汚れているからなのか、下ネタのように受け止めてしまいます。

「じゃ」をもう少し別の漢字でまかなうことは出来なかったのでしょうか。

精飛愛(せぴあ)

こちらも同様に下ネタのように受け止めてしまいます。

各漢字単体でなら全く問題ないんですが…

雨存(あまぞん)

便利そうですね。

爆走蛇亜(ばくそうじゃあ)

深夜に見て個人的に爆笑した名前です。

「ばくそうじゃあ」さんごめんなさい。

「爆走」だけでも良い気がしますが「じゃあ」をどうしても入れたかったのでしょう。

煮物(にもの)

美味しそうですね。

犯士(ひろし)

なぜ「ひろ」をよりによってその漢字で表したのかと問いたくなるお名前です。

戦争(せんそう)

自分を撲滅するキャンペーンが頻繁に行われていることを将来的に知った時の反応が気になります。

望己利(もこり)

危ない擬音みたいに受け取られる可能性が非常に高い名前かと思われます。

羽姫芽(わきが)

なぜその読みにしたのか物凄く気になるところです。

「はひめ」とかで良いじゃないですか。いや「はひめ」も大概ですが。

世歩玲(せふれ)

これに関しては完全に「読み」ありきで漢字をあてていることがわかります。

こちらもなぜその読みにしたのかが気になるところです。

将来的に「今日のパーティにセフレも来るんだ」とか怪しい会話が繰り広げられることになるのでしょうか。

樹海(いつみ)

読み方も特別おかしいわけではないのですが、あてている漢字が自殺スポットとなっております。

不可思議光(ふかしぎこう)

はい、これまで私は「人間のキラキラネーム」を紹介してきましたが、

この方に関してはもはや人間でない可能性も出てきました。

スポンサードリンク

コメント

  1. あき より:

    名前は両親からの最初の贈り物と言うが…こういうキラキラネームは贈り物違う…
    いじめの原因を作る様な名前は虐待だと思う。
    あと、シワシワネームとか古い時代に使われてた名前をシワシワ言うな(_・ω・)_

タイトルとURLをコピーしました