【まとめ】実在!「キラキラネーム」とは?珍しい名前一覧【改名?いじめ?ランキング】

インターネット

珍しい部門

まずはメディアなどで取り上げられやすい、いわば王道の珍しい名前を見ていきます。

唯一神(ゆいか)

月姫(らめ)

歩木鈴(ぽこりん)

手洗(てぃあら)

理想女(りそな)

珍子(よしこ)

女神(さやか)

夜神(はです)

二人(ぴったん)

喜怒哀楽(ゆたか)

山梨(ふりん)

熱寿(ひいと)

美少年(みさと)

凸(てとり)

神(しはい)

永久恋愛(えくれあ)

凛空(りすか)

いずれも珍しい名前がずらり。

私の場合子供の頃は特にこういったカッコいい当て字などに憧れていた時期もあったので、

そういった名前が普通につけられる時代になってきたのだなぁという想い。

珍しい名前の特徴はやはり人に覚えられやすい点。

苗字とはいえ珍しい名前持ちの私としても、その点は少なくないメリットかなと思います。




外国語読み部門

さて続いては「漢字を使っているものの読みは外国語」という名前達を集めました。

では見ていきましょう。

偉人(ぐれいと)

主人公(ひーろー)

聖戦(じはーど)

皇帝(しーざあ)

純粋(ぴゅわ)

大男(びっくまん)

神王(ぜうす)

高飛(じゃんぷ)

力(ぱわ)

戦士(をりあ)

これまではおそらくカタカナでつけられることが多かった外国語読み。

最近ではその意味に対応した漢字をあてる名前が増えてきているようです。

漢字と読みを独立して付けることが出来る、日本ならではのやり方ではないでしょうか。

外国の言葉の響きとしての側面と、漢字という和の側面を両方持ち合わせる素敵な名前だと思います。

 

読み方そのまま部門

さてここからは「漢字通り読めるけど珍しい」という部門。

これまでの珍しい名前とはまた違った趣があります。

それでは。

金魚(きんぎょ)

茄子(かこ)

覇安威(はあい)

射夢(じゃむ)

雨存(あまぞん)

爆走蛇亜(ばくそうじゃあ)

煮物(にもの)

犯士(ひろし)

戦争(せんそう)

望己利(もこり)

樹海(いつみ)

不可思議光(ふかしぎこう)

この辺りは漢字通り読むことができるものの、漢字の取り合わせ自体が珍しい、という名前。

通常の名前と比べて、読みやすさはそのままにより強く印象に残りやすい、という点を狙って付けられたのかもしれません。

一般的によく使われる名前ではないということもあり、名前を考えたご家族はかなり頭を使われたのではないでしょうか。

ご家族の強い愛情を感じさせる名前です。

捻り部門

ここからは漢字と読みで捻りが見られる珍しい名前をご紹介。

それでは見ていきましょう。

王子(きんぐ)

宇宙(あーす)

恥子(さとこ)

天使(ふぇあり)

聖夜(いぶ)

紅葉(さくら)

漢字通りの読み仮名であった先程とは逆に、漢字から少し捻った名前となっております。

名前を付けたご家族の工夫が見て取れますね。  

後半へ

コメント

  1. あき より:

    名前は両親からの最初の贈り物と言うが…こういうキラキラネームは贈り物違う…
    いじめの原因を作る様な名前は虐待だと思う。
    あと、シワシワネームとか古い時代に使われてた名前をシワシワ言うな(_・ω・)_

タイトルとURLをコピーしました