スポンサードリンク

【逮捕される条件】発覚しにくい大麻、覚せい剤などの薬物犯罪について【手押し野菜&アイス】

スポンサードリンク

さて、どういった行為を働けば処罰の対象となるのかを見ていきました。

ではこれらの行為が実際にどういった刑罰が適用されるのかを見ていきます。

覚せい剤取締法違反

スポンサードリンク

まずは覚せい剤について。

各処罰ごとにみていくと、

  • 所持、使用、譲渡・譲受:10年以下の懲役刑
  • 営利目的での所持、譲渡・譲受:1年以上の懲役刑(500万円以下の罰金が加えられる場合もあり)
  • 輸出・輸入:1年以上の懲役刑
  • 営利目的での輸出・輸入:無期懲役もしくは3年以上の懲役刑(1000万円以下の罰金が加えられる場合もあり)

いずれも決して軽くはない刑罰が科せられることとなります。

大麻取締法違反

続いて大麻取締法違反。

各処罰ごとにみていくと、

  • 所持、譲渡・譲受:5年以下の懲役刑
  • 営利目的での所持、譲渡・譲受:7年以下の懲役刑(200万円以下の罰金が加えられる場合あり)

麻薬及び向精神薬取締法違反

はい、個人的な話ではありますが医療学生であったためこの法律にもとても馴染みがあります。

ヘロインやコカインなどの麻薬や向精神薬について。

これは対象薬物によって罰則が異なるんですね。

ヘロイン

  • 所持、譲渡・譲受:10年以下の懲役刑

コカイン、LSD、MDMA等

  • 所持、譲渡・譲受:7年以下の懲役刑

向精神薬

  • 譲渡目的での所持:3年以下の懲役刑

あへん法違反

  • 吸引、所持:7年以下の懲役刑

毒物及び劇物取締法違反(シンナーやトルエンなど)

  • 吸引など:1年以下の懲役刑または50年以下の罰金、あるいはその両方

薬機法違反(危険ドラッグ)

  • 所持、販売、購入:3年以下の懲役刑または300万円以下の罰金、あるいはその両方

これらが薬物犯罪に適用される刑罰となります。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました