【渋川義季、岩松経家】足利直義と関東庇番【上杉憲顕、斯波孫次郎、今川範満/逃げ上手の若君】

逃げ上手の若君

みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。
今回は「逃げ上手の若君」に登場する関東庇番(かんとうひさしばん)について。
ストーリーの詳細な内容や画像についてはネタバレになり得る上、著作権違反に該当する可能性も出てくるため、触れることはできませんので伏せます。

関東庇番(かんとうひさしばん)とは

関東庇番とは、荒廃した鎌倉に赴任した足利直義が、町の復興と治安維持のために自身の手足として作った組織。
足利一門の未来を担う優秀な若者で構成されているとされ、
作中でも初登場時、その存在が大きく描かれた。
構成するメンバーは以下。

一番組筆頭:渋川義季(20)

備考:北條から足利にあっさりと鞍替えした鎌倉の人間に辟易した態度を取った。一方で北條への忠義を忘れない人間に対しては、敵であってもその行動を評価している。

二番組筆頭:岩松経家(?)

備考:「良い女と良い波は迷わず乗るべし」という言葉の通り、女性を囲う仕草を見せている。奇襲にあった際も動じることなく、人数を数える余裕を見せていた。

二番組副頭:上杉憲顕(28)

備考:女性の話を軽々に持ち出す岩松に対し、「風紀にうるさい直義様の前で…」とたしなめた。「祖父の代まで公家だった軟弱者」であるが故に、常に多くの部下を揃えるようにしている。

寄騎:斯波孫次郎(13)

備考:13歳という若さの少年。サポーター的役割。奇襲が発生した際も冷静に戦況を分析し、さらには敵の攻撃を予測し事前に対策を講じる計算高さも見せた。

寄騎:今川範満

馬の面を被ったミステリアスなキャラ。
仲間からも一目を置かれる存在となっている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました