【バレンタインデー】チョコレートを貰えない場合【理由と対処法】 #バレンタインデー

ネタ

みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。

今回はバレンタインデーにチョコレートを貰えなかった場合について。

バレンタインにチョコレートが貰えない

スポンサードリンク

「女性が意中の男性にチョコレートを渡す」イベントとしてすっかり定着したバレンタインデー。

近年ではその種類も豊富になり義理チョコや友チョコ、

さらには自分用にチョコレートを買う、という層も見られます。

もはやチョコレートがメインになってきているわけですね。

「バレンタインデー」ではなく「チョコヲ食ベルンヤデー」に改名すればいいと思います。

それはともかく、

バレンタインはなんだかんだチョコレートが貰えるかどうか、気にする男性もおられるのではないでしょうか。

まずはバレンタインデーにチョコレートを貰えた男性の皆さん。

そう、そこのあなた。

家に帰ってゴデ○バでも食っててください。

一方、バレンタインデーにチョコレートを貰えなかった皆さん。

今回の記事のターゲットはずばり貴方達です。

とはいえ「チョコレートが貰えない」と一口に言っても、

  • 気になる人から貰えなかった
  • 義理チョコすら貰えなかった
  • お母さんからは貰ったからセーフ

など様々。

友達に「本命何個貰った?」と聞かれた際に、

「チョコレートをあまり貰えなかったけれどそれをそのまま言うのは余りにもアレ」なので

家族から貰ったチョコレートをカウントし、

水増しして返答する猛者も中にはいるだろうと思います。

そう、かつての私のように。

※小学生時代に親戚から貰ったチョコを「貰った数」にカウントして友達に話していました。時代が時代なら極刑に処されてもおかしくない事だったと反省しています。もう二度とあんな罪深い事はしません。

チョコレートを貰える・貰えないによって男性の価値を決まるわけではもちろんありませんが、

「それでも出来れば欲しい」という方は多いはず。

今回はそう言った方への記事となります。

さて少し話はずれましたが、

本命のチョコレートが貰えない理由について見ていきます。

チョコレートが貰えない理由

ここに関しては人や環境によって異なるため一概には言えませんが、

やはり自分を好きだという女性がいないことが一因でしょう。

このような言い方をするとまるで傷口にチョコを塗っているかのようで申し訳ないのですが (傷口がチョコモナカみたいになって美味しそうですね)、

やはり自分を好いてくれる女性がいなければチョコも貰える事はありません。

つまり特定の女性に好意を抱かせるに至らなかった、

という日常的なコミュニケーション面での課題がちょこっとだけあるということになります。チョコだけに

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました