【ネタバレ配慮】207話→208話「若村&漆間亘」感想【ワートリ/ワールドトリガー】

ワールドトリガー
※記事内容につきましては、作品に触れた個人の主観に基づく感想・考察になります。

あとは諏訪隊もかなり下めの予想。
当初は意外とチームとしてのまとまり良く、真ん中くらいの成績を出しそうかな、と予想していたのですが、
戦闘面・頭脳面・関係性等、どの点も他の隊と比べるとずば抜けてはいないかな、と判断し
ずるずると下位予想になっていきました。
香取関連で一悶着が起こり得るのは読者側としても予想がつくところですし、
おそらく隠岐くんや諏訪さんあたりが冷静な対応をしたり、香取も成長しているところなので
最終的には落ち着くところには落ち着くのでしょうが、
やや渋めのメンツとなったかもしれません。
戦闘面でのバランスは良いと思います。
あとはエースとなる香取さんのテンション次第。

さて、果たして選抜試験の行方やいかに。




本編の感想

はい、ついに始まった閉鎖環境での試験。

まず各隊の隊長によるチームコンセプトの説明が楽しいですね。

ずっと読んでられるやつ。

途中誰にも触れられることのない生駒さんに笑いました。

いやまあ私が生駒さん大好き、というのもあるんですけど。

存在してるだけで笑いが取れるとかいいキャラしてるなぁ生駒さん。

さすがナスカレーだ

さて具体的なコンセプトを決めてチームを構成していたのは

歌川隊、王子隊、来馬隊、古寺隊、水上隊(一応北添隊や諏訪隊もでしょうか)。

その他は基本的に「その状況で最もいい駒を選んでいった」ということですが、ここの差異も聞いてて面白いところ。

個人的にはハッキリとコンセプトを決めてチームを構成している方が、

今回のような訓練においては役割がハッキリしていて有利になりそうな印象。

逆にそうでない隊はランク戦における生駒隊のような柔軟な立ち回りでいくことができれば、

コンセプト決めてる組を追い落とすほどの結果を出すことも出来るかもしれませんが……

それでも隊自体の役割を把握している隊長がいるとかなり安定感があります。

ちなみにゾエさんが話したとある縛りなんかは全く気づきませんでした。それで統一するんだ、みたいな。

※菊地原が少し思うところがありそうなのがこの隊の懸念点でしょうか。

私としてはゾエさん大好きなので、ゆるゆる勝ち残って欲しいなぁと思うところ。

補佐役としての立ち回りが目立つゾエさんですが、隊長としてもみんなをまとめることができると私は信じている(誰目線)

さてまだ試験は始まったばかりではあるものの、試験全体のプランを既に決めているのは水上隊。

いわば先行逃げ切りを試みてるようですが、チーム決めの時点で狙いが明確なのは方向性が固まっていていい感じですね。

というかここ数回での水上の強キャラ描写がえぐい。

本当に計画通り進めていきそうな感じさえする。

特に今回の水上が行なったとある行動、あれ思いついても決行するの冷や汗だらだらなるやつやで?それをシラフで決行するとか

選抜試験の主人公は水上、お前だったのか…?

一方で若村が危うい…

私の中の若村センサーが

なんか登場するたび冷や汗かいてない?

挫折しそうな雰囲気が半端ない

等、猛反応しています。

頑張れ若村!選抜試験でのメインは多分キミだ!

ただここまで若村に描写を割いて、かつ「若村がなぜ隊長に選ばれたのか」という大きい謎も設置している以上、

彼が選抜に残るかどうかはともかく何かしら若村の上げ展開がくるはずなので、

その時を待ちたいと思います。




あと絵馬くんが前回から二宮さんに無言の圧力をかけているのと、

それをなんだかんだ汲み取ってあげる二宮さんというシーンが印象的。

意外と絵馬くん強気なのか…?

あと二宮さんは二宮さんで年下に無言の命令(?)をされても別に引っかからないのだなぁ、と。

ちなみに隊に協調性を崩しかねないリスクがないと私が感じたのは、来馬隊、古寺隊、水上隊、村上隊の4隊。

この4隊は少なくともコミュニケーション単体で事故ることはなさそうだなぁと。

それぞれの隊なりのコミュニケーションが既にできつつあるチームだと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました