【デュエルリンクス】環境デッキへの影響大!2021年5月実施リミットレギュレーション&スキル変更【長期環境罪?】

ゲーム

※記事内の画像に関しては、

Konami Digital Entertainment,スタジオダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI,アプリ「デュエルリンクス」より引用しております。

みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。

今回はデュエルリンクスのリミットレギュレーションについて。

リミットレギュレーション&スキル変更

はい、今回はカードのリミットレギュレーションとスキル変更の2種類規制内容が存在しますので、

まずはカードの方から見ていきます。

既存の環境デッキはかなり影響を受ける内容となっていますね。

あと長期環境罪が適用されてるカードがかなり多い印象。

カード

「旋律による安定サーチ」か、「精霊龍の逃げ先兼制圧手段」のどちらかを切らなければならない、という事態に。

ブルーアイズの安定度は間違いなく落ちるところでしょう。

ただ環境から消えるほどかと言うと、そこまでではないでしょう。

地味にレヴィオニアをサーチするタイプのサンドラにも影響がいってるのかいってないのか、まあこちらはほぼ考慮しなくていい程度の影響だとは思います。

「嵐」は呪眼、最近ではサイバーあたりが影響を受けるところですね。

いずれも単なる除去だけでなくコンボパーツとして起用されていたため、嵐がピン刺しを余儀なくされるのはそれなりに影響がありそうなところ。

ただこちらもデッキパワーがめちゃくちゃ落ちる、というレベルではないと思います。

ドラグニティアスカロンにリミット2の魔の手が。

ただセナートがリミット解除されたのでドラグニティはまだ生きる道があるところ。

フュージョンサポートに関しては、サイバーには既にリミット2を指定されているカードが存在しており、

特にフュージョンサポートはスキル発動を容易にしたり召喚のリソースを補給したりとかゆいところに手が届く便利屋的なカードであったため、

こちらは影響はかなり大きそうなところ。

デッキ構築をがらりと変える必要が出てきたでしょうか。

ガガガシスターちゃんは可愛いですね。後述する通りスキルのナーフも受けましたが、パワーダウンはしたもののガガガデッキはまだまだ生き残ると思います。

というかこれまでのスキルの強さが異常だった。

スローネがリミット2は地味に痛いところ。

セプスロ系のデッキはあくまでセプスロが揃ってこそというところはあったので、

周辺パーツだけでなくスローネ本体に規制がかかると単純にコンボの成功率が下がるのでここも影響は小さくありません。詰んではないけどきつめ。

堕天使は何回規制を受けることになるのでしょうか。

リミット2がテーマ内に3枚以上発生したため、

消去法でイシュタムを抜くことになるとは思いますが、ただイシュタムが抜けるとデッキの回転や墓地リソースのため方を考えるとかなりきつい。

出張先も致命的な規制を受けているため、堕天使は環境から消えることになりそうです。

月光は主要下級がことごとくリミットに指定されるという目に。ベイルとの併用もできなくなったため間違いなく弱体化は免れないところ。

環境からも消えることになるでしょう。

スキル

はい、では続いてスキルの変更点について見ていきます。

ビークロイドのスキルは能力強化。

デッキ外から2回持って来れるのは強そう(小並感)

カオスソルジャーに関しても能力強化。

レベル上昇系のデッキは軒並み消滅することに。

レベル上昇ハングオンマッハやレベル下降BF、レベルコピーサンドラなどは事実上構築が不可能な事態に。

「ターン終了時まで」か「ライフ3000以下の時に〜」のどちらかは無くても良い気はしますが、

厳しくナーフされましたね。

巨大決戦に関してはまああれはあれで壊れスキルの一種ではあったと思うので、

縛りがついたのは良いと思います。

カード制限とあわせて、呪眼デッキはかなり選択肢が縛られることになってきました。

オノマト変化は2枚取引できていたのが1枚のみに。

うん、これでも十分強いんだけどね!これまでがヤバすぎた。

結論

ハーピィ使います

はい、では今回はこの辺りで。

また次回。

コメント

タイトルとURLをコピーしました