スポンサードリンク

【デュエルリンクス】不知火&ブラマジ対策!「イージーチューニング」&「デーモンの招来」採用!メタBFデッキレシピ【キング帯&KCカップで勝率83%】

スポンサードリンク

デッキレシピ

はい、これまで散々複数積みしてきたブラストやクリスをピン刺しに変更し、今回のメタ構築ギミックを搭載しました。

基本的にこのデッキでは以下のカードを立てることを意識します。

スポンサードリンク

はい、みんな大好きデーモンの招来。

このカードが環境に刺さっているポイントは「効果の対象にできない」という点。

ブラマジと不知火は基本的に対象破壊(対象除外)でこちらの展開を潰してきます。

しかしそれらに強いデーモンの招来を盤面に繰り出すことで、対象除去に依存している相手に強い圧力を与える、というのが今回のデッキコンセプト。

とはいえ戦闘破壊される懸念は残るため、このカードで打点を補います。

墓地のチューナーを除外することで、場のモンスターの打点を永続的に強化するというもの。

現在実装されているチューナーを攻撃力順に確認しましたが、BFカテゴリに属するチューナーは攻撃力と効果の汎用性のバランスが良く、

最もこのカードによる恩恵を受けれると判断しました。

(エンジェルトランペッター&芽吹き型も存在しますが、あれは妨害を受けない先攻前提の立ち回りになる上、

BFの場合は対象除去に依存しない相手にもワンキルで対応できるため同じギミックでも性能は全くの別物です)

またステータスの永続強化が可能なのもこのカードの強み。

このカードにより対象耐性を持つデーモンの招来の攻撃力を3800にまで強化、

一気に押し切るというのがこのデッキのコンセプトとなります。

というわけでこれまでリンクスのBFに投入したことのなかった極北のブリザードを初投入。

このデッキではいかに安定してデーモンの招来のレベル6をそろえるか、という点が一つのテーマとなるため、

レベル4モンスターと合わせてレベル6になれる点、

そしてイージーチューニングの上昇打点が高い点の2つで選びました。

というかこの条件に該当するモンスターはこいつしかいませんでした。

ピン差しの理由としては、デーモンの招来を出すギミックに傾倒してしまうとBF本来の立ち回りが出来なくなるため複数枚搭載できず、

そもそも黒い旋風でサーチが自在にきくため、

ピン差しでもコンボ成立には困らない、という理由から。

そしてブリザードのお供となるのがこいつ。

先ほどコンボの安定性、という話に触れましたが、今回のコンボの成功確率を大幅に上げているのがこいつ。

採用理由としましては、ブリザードと合わせてレベル6になれる、というのが大きなポイント。

効果でレベル4になれるのでね。

しかし「なら最初からレベル4のBFを採用すれば良いのでは?」という方もおられるかもしれません。

ここが何より大きなポイントなのですが、

ハルマッタンはブリザード(攻撃力1300)の召喚時に黒い旋風でサーチできる、

唯一のレベル4&セルフ特殊召喚可能モンスターです。

ハルマッタンを抜いてブラストやクリスなどのレベル4を増やせば、それらのモンスターの攻撃力が高いあまり旋風によるサーチができず、

今回のコンボ成功率は途端に減ってしまいます。

ハルマッタンのおかげで、

「シムーン+適当なBF」もしくは「旋風+ブリザード」などの2枚からデーモンの招来降臨まで簡単に持っていくことができるわけですね。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました