【ONE PIECE】お菊について【光月家の家紋】

みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。

今回はワノ国にて登場するお菊に関しての考察記事となります。
まだまだ描写は少ないですが、振り返っていきましょう。

お菊について

華麗な容姿の女性

ワノ国編にて登場するキャラクター。

茶屋の看板娘であり、その端麗な容姿から浦島に熱烈な求愛を受けている。
ルフィ達との接触時点では覇王色の覇気の存在を知らなかったことから、
少なくともワノ国にて覇王色の覇気を有した人間と接触したことはなかった、
なおかつお菊本人が覇王色を扱えるわけではないと考えられる。
これらのことから「実は敵の幹部だった」という可能性は非常に低い。

大きな身体をもつ

ONE PIECEではさほど珍しいことではないのだが、お菊の身長は成人男性の倍ほどもある。
華奢な容姿に反して、身体の大きさに比例した筋力が備わっているからだろうか、
戦闘面でも活躍を見せた。
     

その正体は侍

ただの茶屋の看板娘というわけではなく、刀を扱う侍であることが判明。
その腕前は浦島のマゲだけを的確に切り落とすほど。
ONE PIECEではたびたび登場する「戦闘には参加しないヒロイン」とは一線を画す実力者のようだ。
今後も戦闘の最前線に現れるかは不明だが、
わざわざ「侍である」ことを強調したからには、何らかの戦いに巻き込まれる可能性は大いにある。

コメント

タイトルとURLをコピーしました