【M-1グランプリ】「漫才コント」と「コント」の違いについての定義付け【マヂカルラブリー?】#M1グランプリ

お笑い

「漫才コント」と「コント」の違い

みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。
今回は漫才とコントの違いについて。

まず漫才とコントの違いについて、よくその差が問われるのは漫才コントとコントの違い。
よく漫才の大会などで、コントが中心のネタに対して「こんなの漫才じゃない、ただのコントだ」と言われることもありますが、
果たしてそうなのか考えてみます。

演じている認識があるかどうか

漫才コントとコントの違い、
まず一つは「芸人側が『自分が演者であることを自覚している設定で演技をしている』のかどうか」が挙げられます。

簡単に言えば「漫才コント=(芸人にとっての)演技」、「コント=(芸人にとっての)リアル」。

漫才コントの場合は、ネタ中でもおかしな行為が起これば芸人として突っ込んだり、場合によってはシーンを巻き戻したりするケースがオーソドックスです。
これは演じている芸人が、自分が芸人でありネタ中であり、お客さんに対して演じていることを自覚しているからこそ。

一方のコントの場合は、芸人らしいツッコミがありこそすれ、あくまで設定の範囲内でやりとりが行われます。彼らにとってのリアルなわけですから、誰かに向けて見せたり、ネタのようにやり直したりはしません。

漫才コントの場合は

①演者側がいつでも芸人に戻れる
②ボケの構造自体、あるいは演者自体を突っ込む
③同じくだりを繰り返す

といったことができるのに対し、
コントは基本的にそのキャラクターとして、その場面を演じるわけですね。

コントの途中で「いや、いまそんなボケするなよ!」といった、芸人やネタ自体の構造に対するツッコミが入らないのはこのためです。

逆に「どうも〇〇(コンビ名)です」「〜〜やりたいから練習させて」「もうええわ」などの、自身が芸人であるという認識が入ったセリフが入っていれば漫才コントと言えます。

漫才とコントの線引き

「いやいや、でも冒頭と最後だけ漫才師らしくして、あとは全部コントしてる人もいるよ」という指摘もたまにみられます。
ただ、
「演技の尺の割合がネタ全体の何割以上ならコント」「漫才としてのパーツがいくつ入れば漫才」といった明確な定義がない以上、
ここはいくら考えても個々人の見解よりも大きな結論は出ないわけで。

少なくとも現在一般的に認められている、「はいどうも〇〇です」「ちょっと〜〜やってみたいから練習させて」「もうええわ」等の
『自分が演者(芸人)であることを認識する文言』が入っていれば、漫才コントという形の漫才と扱うのが自然でしょう。

実際これらの漫才コントが漫才として認められ、M-1でもコント漫才師が何組も優勝してきています。

ちょっと脱線:これは漫才?

また時折巻き起こる「セリフの量が少ないネタ」を漫才として認めるかどうか、という議論。
これはこれで面白いのでぜひやってもらいたいところですが、
「ネタ全体のうち何割の時間喋れば漫才なのか」
「その割合を満たさない漫才は、漫才ではなく何なのか」
という点についても同時に検討すべきでしょう。

片方のセリフ量が極端に少ない漫才が「オーソドックス」や「王道」ではないことは一般的な見方からして確かなことでしょうが、

言葉の数を公に「漫才」の基準とすることは、
東京スタイルや変化球系の漫才等の「セリフ量が少なくなりがちなタイプの漫才」の可能性を大きく狭めることになるため、慎重な議論が必要だと思います。




作品内リアリティ

漫才とコントの大きな違いとしては「作品内リアリティがあるかどうか」について。
作品内リアリティとは要するにその作品ごとにおけるリアリティの線引きのことです。

例えば同じ恋愛漫画でも、
宇宙人がいるテイの作品であれば宇宙人と恋に落ちたりといった展開も読者は受け入れられますが、
大真面目なシリアス恋愛漫画では、急に宇宙人が出てくるなんて展開は起きませんし、仮にそんな展開が起きれば「宇宙人出てくるとか何でもありかよ」と読者の興味を著しく失う結果になります。

コントは少なくとも「作品内リアリティ」が保たれた条件下で行われるネタである一方で、
漫才コントは時間を巻き戻してシーンを展開したり、リアリティに沿わない出来事を起こせたりといった違いがあります。

端的に言えば、
コントとはシリアス漫画におけるギャグシーン、漫才コントとはギャグ漫画におけるギャグシーンといったところでしょうか。
漫才は非常に自由度が高いです。
「俺、宇宙人になりたいねん」といえば宇宙人になることができますし、ネタの途中から「じゃあここにUFOがあることにしようか」と言えばそこにあることになります。

これはギャグ漫画同様、漫才という自由な演芸だからこそ許容される範囲の広さ故。
だからこそ、漫才はその自由度の高さゆえに観客の予想をいかに裏切るかが難しく、裏切った時の爆発力が高いのですが…

一方のコントは基本的にその作品ごとの作品内リアリティを遵守していくことになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました