スポンサードリンク

【2018-2019まとめ】実在!キラキラネーム一覧【改名?いじめ?名前ランキング】

スポンサードリンク

スペシャル部門

ここからご紹介するのはこれまでのキラキラネームよりも更にキラキラ度を増した強者揃い。

果たして貴方はこのキラキラについてこれるか!?

大魂(だいそー)

スポンサードリンク

大きな魂と書いてダイソーと読むストロングスタイル。

なぜ魂を「そー」と読むのか、そもそもダイソーと子供に名付ける意味は何なのか、

全てが謎に包まれているキラキラネームと言えます。

愛保(らぶほ)

下ネタ系のキラキラネームの中でも特に生々しいキラキラネーム。

わざわざ愛をらぶと読んでいることから「偶然そういう読みになった」とは考えにくく、

意識的に「らぶほ」と名付けたものと思われます。

ポチ男(ぽちお)

もはやただのあだ名同然になってきた気がしますが本名です。

犬に「ポチ」と名付ける感覚と共通する部分があるのかもしれません。

たまてば子(たまてばこ)

もはやこれをキラキラネームと言っても良いのかわかりませんが他に形容すべき言葉が見当たりません。

ともかく「たまてば子」という名前からはオンリーワンの存在感が醸し出されています。

究極美子(くみこ)

全国の「くみこ」の中でも究極の存在となって欲しい、という願いが込められているに違いありません。

いずれ「完全美子」が誕生することでしょう。

幻の銀侍(まぼろしのぎんじ)

これに関しては名前というより異名という様相を呈しております。

銀侍だけでもキラキラしている所を「幻の」という枕詞をつけられてしまっては、そこらのキラキラネームでは太刀打ちできません。

福福福福(ふくふくふくふく)

ゲームでキャラクターに適当に名前をつける時に「あああああ」と入力することがありますが、

まさか現実に「福福福福」という名前が現れるとは予想だにしていませんでした。

大量の福がもたらされそうですね。

愛子エンジェル(あいこえんじぇる)

素晴らしいキラキラ具合、私はこういうものを求めていました。

自己紹介や面接等で「私は田中愛子エンジェルです」と言わなければならない辺り、

この名前を授かった方は強靭な精神力を培っていくことが予想されます。

アロハ勇人(あろははやと)

愛子エンジェルが居るならこっちはどうだ、ということで現れた超新星「アロハ勇人」。

なぜ勇人にアロハを付けた、と無粋なことは聞きません。

付けたくなったから付けた、それがアロハ勇人なのです。

キック今日中(きっくきょうじゅう)

はい、これに関しては意味がわかりません。

いったい誰が何の目的でこんな名前を付けたのでしょうか。

というかこれは名前なのでしょうか。

ナスカの地上絵の謎が解かれるのが先か、キック今日中の謎が解かれるのが先か、

ともかく真相の究明が待たれます。


スポンサードリンク

ララ桜桃(さくらんぼ)

まだまだ収まる気配がない上級キラキラネームの嵐。

ララを付ける意味は全くわかりませんが、そんな問題もアロハ勇人や愛子エンジェル、そしてキック今日中と比べると些細なこと。

親が「ララ」を付けたくなったから付けた、それ以上でもそれ以下でもないのです。

たかしくん(たかしくん)

どうも、たかしくんです。

誰かにくん付けされる以前に既に名前にくんが付いています。

さかなクン的なことでしょうか。こちらも名付けた理由が気になるところです。

愛して(あいして)

はい、いよいよ名前というよりセリフになってきました。

こうなると日常会話にも支障をきたす恐れがありますね。

例えば友達が愛してさんを呼ぶ時も「おーい!愛してー!」と、周りからすれば唐突な求愛のように受け取られかねません。

どうにかニックネームを付けてもらいそれを広めていくしかないでしょう。

の(の)

のです。

ありがとうございました。

腸(ひろし)

「腸」と書いてひろしと読むというこのセンス、新時代の幕開けを予感させます。

本来は「陽」と書いてひろし、と読む予定が書き間違いにより「腸」と書いてひろしと読むことになったようです。

波波波(さんば)

「波波波」←これは何?

という脳トレによくある解答のような名前のさんばさん。

もはや「初見で読ませる気はさらさらない、さあ謎を解いて名前を呼んでみろ」という親からのメッセージを感じます。


スポンサードリンク

最後に

さて、いかがだったでしょうか?

多くのキラキラネームを見てきました。

漢字と読みが独立していたり、あるいは漢字と読みが連動し一つの意味を成し得ていたりと、

キラキラネームと言ってもその態様は様々です。

今後もキラキラネームを付けられる子供が増えていくと考えられます、

何か新しい発見があるたびにこちらの記事に随時追加していきます。

それでは。

スポンサードリンク

コメント

  1. あき より:

    名前は両親からの最初の贈り物と言うが…こういうキラキラネームは贈り物違う…
    いじめの原因を作る様な名前は虐待だと思う。
    あと、シワシワネームとか古い時代に使われてた名前をシワシワ言うな(_・ω・)_

タイトルとURLをコピーしました