【遊戯王 #SEVENS】第35話「響け!ゴーハニウム」感想:象明寺キャタピリオ vs 上城大華(タイガー)【ラッシュデュエル】

感想
※記事内容につきましては、作品に触れた個人の主観に基づく感想・考察になります。

みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。
今回はラッシュデュエルについて。

象明寺キャタピリオ

はい、今回についての感想ですが…
個人的には反射ダメージデッキが登場したことが楽しかったポイント。
OCG勢であれば、特に昔のプレイヤーであれば「反射ダメージでテクニカルに勝利!」なんて妄想を一度はしたことがあるのでは。
アステカの石像やビッグシールドガードナー、ディフェンドガイ辺りを積んで「攻撃してきた相手の度肝を抜きたい」という想いもありました。

スポンサードリンク

ただ現実では反射ダメージを与える前に除去されてしまったり、そもそも反射ダメージを与えても直接的なアドバンテージには繋がらなかったりと、
「反射ダメージデッキ」はやや厳しい立場に置かれていることは確かです。
結果、インフレの進んだ現在では地雷としても見かけることは無くなりました。

しかし!そんな反射ダメージデッキもラッシュデュエルであれば輝ける!
ラッシュデュエルは全体的にインフレがかなり抑えられており、除去手段も少ないため、
反射ダメージを与える成功率が高いのはかなり追い風。

今回のように「右手に盾を左手に剣を」のような攻守入れ替えのカードとの相性も良く、
「テクニカルに勝利したい」「他の人とは違うデッキを使いたい」というニーズに沿ったデッキなのではないかとおもいます。
皆さんもこの機会にぜひ!

はい、反射ダメージデッキの宣伝のようになってきましたが
一応今回の内容に合った感想、ということで失礼します。
それではまた次回。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました