スポンサードリンク

【逮捕される条件】発覚しにくい大麻、覚せい剤などの薬物犯罪について【手押し野菜&アイス】

スポンサードリンク

大麻の栽培

さて、ニュースなどでも一度は見たことがあるのではないでしょうか、「大麻の栽培」。

大麻が栽培されている可能性が高い場所の特徴を挙げていきます。

スポンサードリンク

仮に知人の家でこれらの特徴が見られたら大麻を栽培している可能性がある、ということですね。

大麻特有の匂い

大麻草は特有の青臭い匂いを放ちます。

また大麻栽培プラントでは、大麻草特有の匂いだけでなく乾燥大麻の甘い匂いがする場合も。

もし換気口等からこれの匂いが流れてきた場合は大麻の栽培を行っている可能性があります。

目張りやカーテン等

大麻栽培プラントの場合、大量の電灯により光量を調節しながら大麻草の育成が促進されていきます。

この光量調整には外の光を完全に遮断する必要があります。

つまり雨戸や遮光カーテンを閉め切った上で、目張りをすることで光や匂いの漏れを防ぐわけですね。

大量の電気の使用

さて、大量の電灯を使用するということはそれだけ大量の電気を使用する、ということでもあります。

室温の調節も必要な大麻栽培のことです、

「人が生活している様子もないのに電気メーターが早く回っている」「常にエアコンの室外機が回っている」というような特徴があります。

段ボール等の運び込み

更に大麻草の育成にはその作業のために、「大量の土や肥料、植木鉢や、収穫した大麻などを運び込む」という特徴があります。

しかし当然これらを他の人にバレずに行う必要がありますから、

段ボール等中身がわからないように詰め込むケースがほとんどでしょう。

発覚しにくい栽培、取引

さて、逆に言えば上記のような大麻栽培の特徴に注意を払っていれば、非常に発覚しにくい状態を作り出すことができます。

冒頭で話した通り、Twitter等で隠語を通じた取引が行われている薬物犯罪。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました