【ネタバレ配慮】207話→208話「若村&漆間亘」感想【ワートリ/ワールドトリガー】

ワールドトリガー
※記事内容につきましては、作品に触れた個人の主観に基づく感想・考察になります。

みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。
今回はワールドトリガーについて!

ワールドトリガー

基本的なストーリーの流れについてはネタバレや著作権違反に抵触する恐れがあるため伏せます。
せっかく面白い作品ですので、ワールドトリガーは是非とも買って読んでいただきたいところ。

では今話の感想に触れる前に、まずは今話に至るまで、つまりここまでの感想について。

ここまでの感想

前回の話が終了した時点で、遠征選抜試験の結果を下記のように予想した私。

上位は王子隊、二宮隊、水上隊、
中位は歌川隊、村上隊、古寺隊、北添隊、来馬隊
下位は諏訪隊、柿崎隊、若村隊

どの隊もスペックは高め…だとは思うのですが、やはり「個」の戦力が強い隊が上位に上がりやすいというのは傾向としてあると思います。
またその上で、慣れないメンバー間でもトラブルが少なく意思の疎通が取れるかどうかという「メンバー同士の関係性(※平たく言うと)」も重要なのかなと。
その上で1位は王子隊、2位は二宮隊。
最下位争いはコミュニケーションに問題が起こりそうな若村隊や柿崎隊あたりかなと予想しました。

王子隊はメンツが強いなと。
生駒というエース級を抱え、王子という参謀役(地味に隊長経験者が2枚)、
辻くんという有能補佐役や、発展途上の帯島ちゃんという可能性の塊もいるので、
メンバー間の連携としてはかなりやりやすいのかなと。
割とみんな穏やかなので、作戦中の雰囲気も良さげ。
他の隊がゴタゴタしてる間にちゃっかり総合一位を取ってそうな感じはあります。

二宮隊は言わずもがな。
まあ多分二宮さんに何かしらの問題が起こるのでしょうが、
それを最終的には仲間とのコミュニケーションも含めて解決に導き、前評判に近い2位に収めるんじゃないかな、
という漫画的な展開を含めた予想。
そもそも隊のメンツがえぐすぎる。個人的には近接アタッカーを一枚入れたくなりますが、まあドラフト形式なので仕方ないね。

3位予想はみずかみんぐ隊。
ここも漫画的な予想が大きくて、「頭脳派が強い」展開を挟みたいところかなぁと。
そういう意味で、頭脳派かつ精神的・実力的に安定してそうな水上隊が3位に食い込む予想。
あと最近水上くんの頭脳がヒュースやA級隊員から褒められることが多いことから、
みずかみんぐの活躍展開が入ってくるのでは?という予想があります。

下位予想にはそれぞれ理由があって、若村隊はまあ既に暗雲が立ち込めており、おそらく今回の試験を通じて若村が成長する何かを得るものの、
試験結果はずば抜けたところまではいかないかな、という予想。

ヒュースという単騎で強い戦力を抱えているため、実際はもっと上まで行くかもしれませんが、
これを言い出すと通常のランク戦や個人ポイント通りの予想結果になってしまうため、
今回は「メンバー同士の関係性」や「メタ的に生まれ得る課題」を重視しました。

というわけで上述の通り若村隊は精神面含めて発展途上、
柿崎隊は各キャラのアクの強さや関係性が今回の試験に影響を及ぼすのではないか、と予想します。
カゲと犬飼の二人がいるだけで戦力としては凄く厚みを感じるのですが、まあそれだけで勝てるような試験にはしない(というかそれならランク戦で十分)とは思うので、
何か一波乱はあるのかなと。
意外とそこは割り切ってうまいことやる可能性もありますが、メタ的な理由から柿崎隊は低め予想。

コメント

タイトルとURLをコピーしました