【デュエルリンクス】9/28発表:リミットレギュレーション&スキル変更について

デュエルリンクス

※記事内の画像に関しては、

Konami Digital Entertainment,アプリ「デュエルリンクス」より引用しております。

みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。
今回はデュエルリンクスにおけるリミットレギュレーションについて。

禁止カード

はい、まずは禁止カード。

スポンサードリンク

芝刈りとデビフラという二種類が禁止となりました。

デビフラは対策カードがかなり限られるので、

一方的な対戦展開を作ってしまうため規制をやむを得ないところでしょうか。

デビフラは「強さ」が問題というより「ゲーム性を損なう」点が問題ということになります。

芝刈りに関しても同様に一方的な対戦展開を生み出すカードですが、私個人としては禁止にするほどかな、という想いは正直あります。

発動=即ゲームエンドというほどのパワーを持っているわけでなく、

最悪こちらがデッキ枚数を調整することである程度の対策も出来るっちゃ出来るので。

汎用性が高く非常に強力なカードなのでリミットを緩和するわけにもいきませんが、

一方でリミットを強化せずにリミット1のままでも特に良かったかなぁという具合。

とりあえずデビフラでの害悪制圧と、

芝刈りを利用するタイプの不知火やウィッチクラフト、その他墓地利用デッキは構築を根本的に見直すこととなります。

では次。

リミット1

スター・ブラストとリバイバル・ギフトのリミットはこれはもうやむを得ないところでしょう。

いずれも制圧展開を助長するので一方的なゲーム展開を生み出す上、

これからリンクスが売り出していきたいエクシーズ召喚との相性も最悪。

これらのカードがのさばっている内は売り上げにも影響を及ぼしかねない、という判断もあると思います。

そして針虫の規制、かなり墓地利用デッキを重く見たリミットになっていますね。

こうなると愚かな埋葬あたりの汎用墓地肥やしカードの実装はかなり先でしょうか。

では次。

リミット2

はい、いずれも環境で暴れているデッキのキーカードを抑えたものとなっています。

この辺りは規制としては妥当なところでしょう。

光の援軍がリミット2になったことでライロはかなり苦しくなりましたね。

純ライロが暴れたわけではないですが、かといって野放しにできるほどの無害さというわけでもないので、

やむをえないところでしょうか。

では次。

こちらも各種環境デッキのキーカードを一枚ずつ抑えたといったところ。

バレットネオスはかなり安定性を欠くことになりますね。

BFの罠は強力ではありますが必須パーツというわけでもないので、

直接的な影響は小さめ。

ただし「ブラックバードクローズを相手が手札に抱えているかも」というプレッシャーを相手に押し付け、立ち回りを制限することができなくなったのは、やはり弱体化。

ウィッチクラフトは大量墓地肥やし型以外の構築を模索せざるを得なくなりましたね。

では次。

リミット3

ついにアレイスターくんがリミットに…!

特にダメージを負うのはエレメント召喚獣。

構築単位で見直さざるを得なくなりました。

とはいえアレイスターくんの出張性能の高さ的にまだまだ活躍は見込めるでしょうが、

コズサイとの併用に難が出てきたのは一つ懸念点。

では次。

スキルの変更

環境では「スキルありき」のデッキが数多く見られますが、

それらのうち特に影響の大きいスキルを一律で規制する形となりました。

まあこの辺りはスキルがナーフされてもやむを得ないところでしょう。

はい、こちらもかなり試合展開を一方的にするスキルが規制を受けています。

今後スター・ブラストのようなライフコストを莫大に支払うことができるカードが売り出されるたびに、

制圧デッキの脅威が立ち上がるのでスキル自体にメスを入れるのは妥当なところ。

あと地味にモス進化促進が強化されてますが何があったのでしょうか。

では次。

それぞれ方界とレッドアイズデッキのスキルが変更される形に。

特に方界に関してはこれからバリバリ売り出したいところでしょうから、

ある程度予想していたところではあります。

最後に

はい、というわけで変更点をさらっと見ていきました。

今回の規制は環境に与える影響はかなり大きそうですね。

エクシーズや新カテゴリを活躍させたい土壌を本格的に作る狙いが見えます。

果たして次環境ではどんなデッキが頭角をあらわすのか。

ではまた次回。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました