スポンサードリンク

【デュエルリンクス】最終戦争電池メンデッキレシピ【キング帯で勝率61%】

スポンサードリンク

みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。

今回はデュエルリンクスについて。

最終戦争電池メン

スポンサードリンク

みなさん、この度はこの記事にお越しいただきありがとうございます。

ほぼ2〜3日に1回のペースで様々なカテゴリのデッキをキング帯で調整したレシピを投稿している当ブログですが、

今回は月に1回程のペースで投稿している「私オリジナルの変態デッキ」をご紹介。

以前は「仮面魔獣の下準備サブテラー」というオリジナルデッキを構築・このブログで投稿しましたが、

いつのまにかそれを使用するプレイヤーが増えいつのまにか環境トップを取ってしまい私の手元から離れた感じがして寂しい気もします。

それはともかく今回ご紹介するのはその名も「最終戦争電池メン」。

何とも凄そうなデッキ名ですね。

まず「最終戦争」という恐ろしい(※いろんな意味で)カードについてご紹介。

最終戦争とは

フィールドのカードを全て破壊する通常魔法カード。

OCGで言う所の「ブラックホール」と「大嵐」を組み合わせた最強クラスの除去効果を有します。

しかしその代償として発動条件が非常に厳しく設定されています。

手札を5枚捨てなければ発動そのものが出来ません。

発動を成功させるには最終戦争+手札を5枚、計6枚が必要となります。要するに非常に重い除去カードというわけですね。

そこまでしてフィールドを荒らしたとしても、最終戦争の発動に6枚もカードを消費したため自分は手札が切れてしまい、

無抵抗の状態で相手からの反撃を食らってゲームセット…

と、むしろ自分の首を締めてしまう結果になりかねません。

最終戦争は「莫大な手札コスト」という厄介な弱点を抱えているために、環境デッキにはまず搭載されない(むしろ重過ぎてネタカードとして扱われることも)カードとなってしまったわけです。

 

大量の手札コストを賄いたい

以上が「最終戦争」の紹介。

ともかくこのカードの問題となっているのは「手札コスト」という1点。

どうにかこの弱点を補えるデッキは無いものか……

そんなことを考えながらリンクスに実装されているカードを片っ端から確認していくと、

「単純に手札を増やす」ことに長けたデッキを発見しました。

それが「電池メン」。

あまり環境で見かける機会のないカテゴリですが、

このデッキではその力を存分に発揮してくれます。

それではこのデッキの基本的な立ち回りの例を見ていきましょう。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました