【デュエルリンクス】新ストラク実装!スレイブタイガー&烏合の行進採用!剣闘獣(グラディアルビースト)デッキレシピ【キング帯で調整】

ゲーム

デッキレシピ

剣闘獣とスレイブタイガーを並べた状態で烏合の行進を発動しドローを加速、

さらにスレイブタイガーの効果でデッキから「サジタリィ」を特殊召喚、その効果でさらにドロー加速、

スポンサードリンク

というのが理想の動き。

「烏合の行進」には発動ターン他の魔法罠が使えない、という重いデメリットがありますが、

剣闘獣は元々相手ターン中に魔法罠を大量発動するという防御的なデッキなので気になりません。

手札を潤沢にすることで妨害罠を中心に相手の展開を潰し、

剣闘獣の共通効果でじわじわとアドバンテージを取っていく、

というのがこのデッキの戦い方です。

では各カードの採用意図へ。

このデッキの潤滑油。

戦闘を介さず剣闘獣の効果を起動できるため、相手の盤面に関わらず展開できるのが強みです。

またこのモンスターが場に並ぶことで種族が増え、「烏合の行進」のドロー枚数が増えるのも大きなポイント。

一方でこのカードの効果自体はアド損を引き起こすものであり、

現環境はフリーチェーンの妨害カードも多いためその辺りは懸念材料と言えます。

ドロー加速カード。

発動さえできれば1種族だけでも手札交換にはなるため、積んで損はないところ。

ただし魔法罠を自分ターン中に発動できないという制約があるため、このカードを除く通常魔法などはデッキ構築段階から採用枚数を慎重に吟味する必要があります。

あらゆるモンスター効果を封殺することができるカウンター罠。

他の妨害カードと異なり、スペルスピードが3のためチェーンされることもありません。

一方で永続効果で制圧を狙ってくるモンスターには要注意。

コキュートスやデーモンの招来は天敵となるため、それらのモンスターが出てくる前の段階で妨害しておきたいところです。

手札を1枚増やすことができる剣闘獣。

盤面に干渉する効果はないものの、この効果で妨害罠を引き込みたいところ。

由緒正しき妨害罠。

基本的に相手の初動を潰しつつ、剣闘獣の餌となる守備モンスターを相手の場に作ることが狙いとなります。

またモンスター不足に陥りやすい剣闘獣ではこのカード自身も相手のライフを削る打点役としての活躍が見込めます。


基本的なカード紹介は以上となります。

それではまた次回お会いしましょう、さようなら。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました