【デュエルリンクス】リミットによる縛りに抗う!規制後「ウィッチクラフト」デッキレシピ【キング帯】

ゲーム

※記事内の画像に関しては、

Konami Digital Entertainment,アプリ「デュエルリンクス」より引用しております。

デッキレシピ

はい、墓地肥やしタイプではないのですが、この先ウィッチクラフトに生き残ってもらう上で「キウイ」は必須だと思い搭載してあります。
なにせ今やどこから因果切断やデモチェ等が飛んでくるかわからない上、機械天使の儀式が積みにくくなったために不意の破壊にも対応しづらくなっているので、
「ヴェール」と「キウイ」を並べて制圧する、という大きな勝ち筋は一つ持っておくと安心だと思います。
また魔法カードを500バーンに変換する「魔導粉砕機」も搭載。
これもウィッチクラフト独自の勝ち筋を設ける意味で重要なポイントだと思います。
事故率自体は多少上がるものの、他のデッキにない強みを作り、差別化していくことが重要なわけですね。
フリチェでの回避や、ヴェールのモンスター効果無効だけでは環境相手は中々乗り切れないので。
あと採用しているのは「嵐」。
ウィッチクラフト各種魔法カードと「嵐」のシナジーは多くの方がご存知のことでしょうが、
ライロを積まなくなったことで伏せ魔法罠への対応手段がかなり限られてきました。
基本的にアドを取りやすく、またウィッチクラフトの行動を妨害してくる厄介な「ガン伏せ」デッキに対してカード一枚で回答を持たせる意味でも、
対象を取らない大量破壊カードとなる「嵐」は、
コズサイ等と比べるとやはり一歩抜きんでた存在なのかなと思います。
これが初手にあるだけで展開する上での安定感が変わってくるので。
はい、他は完全にテンプレウィッチクラフトと似たような採用枚数となっているので、説明は割愛。
基本的に墓地に「ウィッチクラフト」カードを溜め込みつつ、
「ヴェール」で対モンスター面を制圧していく、というのが主な立ち回りとなります。
そしてウィッチクラフトが苦手とするようなデッキに対して、「キウイ」「嵐」「魔導粉砕機」で対応していくという形となります。
今後の環境次第ですが、とりあえずはこれを叩き台として、
リミット後の環境を見ながら他のカードも試してみたいところ。
ではまた。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました