【デュエマ】禁止?ナーフ?無双竜機ボルバルザークによるボルバルマスターズについて【温泉】

インターネット

みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。
今回は「ボルバルザーク」について。

ボルバルザークとは

ボルバルザークとは、デュエル・マスターズ史上最強との呼び声高いカードです。
デュエマ経験者であればその強さと圧倒的な戦果をご存知でしょうが、
ボルバルザークについて一体どこが強かったのか?改めて見ていきたいと思います。

無双竜機ボルバルザーク
火/自然文明
クリーチャー 種族:アーマード・ドラゴン/アース・ドラゴン
マナコスト:7 パワー6000

マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、他のパワー6000のクリーチャーをすべて破壊する。その後、このターンの後にもう一度自分のターンを行う。そのターンの終わりに、自分はゲームに負ける。

スピードアタッカー
W・ブレイカー

スポンサードリンク

場に出た際にパワー6000のクリーチャーを殲滅するピンポイントの除去効果を持ちます。
…が、問題はその後。
こいつが出たターン、自分のターンを続けて行うことができます。
……
遊戯王であろうとポケモンカードであろうと、なんならトランプやウノであろうと、カードゲームをしたことがある方であれば「自分のターンを連続で行える」ことの強さがわかるはず。
これがボルバルザークの強さその①、
「エクストラターン追加の強力さ」。

強さその① エクストラターン追加の強力さ

ドローは出来るわ、マナが回復するため新たにクリーチャーや呪文がプレイできるわ、攻撃し終えたクリーチャーも再び攻撃できるようになるわ、ととにかく良いことづくめ。
さらに1回目の自分ターンで消耗した相手の場が回復できないまま2回目の自分ターンに突入するため、
相手からすればノーガードになりがちです。

デュエマというゲームは5枚のシールド破壊+1回の直接攻撃が勝利に必要なのですが、
これをとにかく容易にしてしまいます。
ボルバルザークのこの効果は前のターンまでに場に出ているクリーチャーは2回攻撃化、このターンに出したクリーチャーはスピードアタッカー化するようなものです。

そもそもボルバルザーク自体1度の攻撃で2枚のシールドを割れる=2ターンで4枚割ることができるため、
1体でもクリーチャーが生き残った状態であれば、
2ターンの間にボルバルザークで4枚、他のクリーチャー1体で1枚+1回の直接攻撃を決め、
簡単に勝利することができます。

相手の場のブロッカーに邪魔されたり、シールドトリガーを発動されたとしても、
2回目の自分ターンに形勢を立て直して再び攻め込めば良いだけ。
自分ターンを2回続けることの凄まじさはとにかくこの理不尽なまでのメリットの多さ、これに尽きます。

続いては強さその②。

強さその② 効果発動が容易

例えば遊戯王にも自力でエクストラターンを追加するモンスターが存在します。
しかしそのモンスターがエクストラターンを追加するための条件は、
コイントスを行い表を出さなければならず、なおかつ自分のモンスターを2体墓地に送ることで初めて効果を発動できます。

さらにそのモンスターは場に出す際に2体のモンスターを墓地に送るか、何らかのカードの効果で手札か墓地から場に出す必要があり、
効果発動どころか場に出すことすら一苦労です。

さて一方のボルバルザークの場合を見てみると、効果発動の条件は…何もありません。
はい。つまり7マナタップしてボルバルザークを出せば、あるいは何らかのカードにより場に出すことができれば、即効果の発動に成功します。
これがボルバルザークの凶悪さを底上げしている点で、
何のお膳立ても準備もなく、ボルバルザークを出せば簡単に強力な効果が起動してしまいます。

エクストラターン追加の強力さは上述した通り、それを前触れなく発動されるとなると、対戦相手側としても対策しようがありません。
ちなみにアプリ版のデュエル・マスターズでは、ボルバルザークの効果はエラッタされ、
『ボルバルザークを「召喚した」ターンが「10ターン目以降」であれば…』と条件が厳しくなっています。
しかしこれでもエクストラターン追加の強力さ故に高い使用率を誇り、
結果的にアプリ版では初の殿堂入りとなっています。

理不尽なまでの強さを持つ効果を、あまりにも簡単に起動できる、これがボルバルザークの強さその2です。

ボルバルザークの強さその③ スピードアタッカーとWアタッカー

はい、これについては強さその①でも触れましたが、
エクストラターン追加という能力を持っているにもかかわらずこのクリーチャー単体の攻撃性能も十分過ぎるもの。
例えば遊戯王のエクストラターンを追加できるモンスターの場合は、その能力以外は特に何の能力も持ち合わせていません。

一方でボルバルザークの場合、エクストラターンに関係なく場に出てすぐシールドを2枚割ることができるアタッカーとして運用できる、
しかもエクストラターン追加との相性も非常に良いときています。
「7マナ払えばエクストラターン追加&シールド4枚破壊」とその性能を端的に言い換えれば、ボルバルザークの凄まじい性能が理解できるはず。

ボルバルザークの強さその④ 1人回しで終わる

そしてこれはボルバルザークの強さ、というよりも特異な点の一つなのですが、
このクリーチャーを出した時点でエクストラターン終了時に敗北することが制約により決まるため、
勝とうが負けようがデュエルはボルバルザークを出した側の1人回しが1〜2ターン続いて終わることになります。
対戦相手側からすればできることといえばシールドを割られた時にトリガーがあれば発動するくらいで、
基本的にはカードに触れる機会さえなくなるわけです。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました