スポンサードリンク

【シゲル、ヒロシ】アニメポケモンカントーリーグを振り返る【キングラー、マダツボミ、リザードン】

スポンサードリンク

みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。

「前回はシンオウリーグを振り返ったし、今回は初代シリーズの集大成であるカントーリーグを振り返るか!」というノリで

スポンサードリンク

カントーリーグセキエイ大会を振り返ります。はい。

カントーリーグ編のサトシ

カントーリーグ編のサトシの特徴として、「色々と粗い」点が挙げられます。

もうとにかく粗いです。精神的な面や戦術的な面、使用するポケモンとの関わり方など、

シンオウリーグ編でのサトシとは違い、その粗さが際立つ章でもあります。

とはいえ初代のまだ色々と未熟なサトシなのでこの辺りは仕方ありませんが…

では見ていきたいと思います。

1回戦:サトシ vs コーム

コームの使用する戦術:補助技を絡めた展開

バトルフィールド:水

初戦の対戦相手はコームという人気トレーナー。

その手品の腕からファンが多く、それ故に自信家な面が見られるキャラクターです。

コームはナッシーを繰り出し、サトシはクラブを繰り出すことに。

相性ではクラブが不利…なはずでした。

コームはナッシーのサイコキネシスによりバトルフィールドに大渦を作り出し、クラブを閉じ込めてしまいます。

しかしなんとか渦から逃げ出たクラブはナッシーの葉の部分を「はさむ」攻撃。

コームはナッシーに技を指示するも挟まれているため動かず、結果クラブがナッシーを倒すという大金星を挙げます。

しかしこの試合の見所はここから。クラブがナッシーを倒したことによりまさかの進化、キングラーへと姿を変えます。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました