【ONE PIECE】アラバスタ王国について

ONE PIECE
スポンサードリンク

みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。今回はアラバスタ王国についての考察です。

  • 砂漠に囲まれた文明国家
    →偉大なる航路の前半部サンディ島に存在する文明国家。
     島のほとんどが砂漠であり高温かつ乾燥した気候が特徴。
     クロコダイルによりダンスパウダーと呼ばれる雨を無理やり発生させる粉が不正に使われたことによる被害を受けた地域でもある。
     本来降るはずだった雨雲が他の地域にのみを降らせてしまい、その結果特定の地域が強い干ばつに見舞われた。
 
    これにより干ばつの被害に遭っている地域の住人は常に水分不足を強いられる形となり、
     クロコダイルは自身の弱点である水に触れる機会を極端に減らすことに成功している。

 

  • バロックワークスとの戦いの舞台に
   →バロックワークス編にて、当時王下七武海だったクロコダイルが理想国家を建設するための舞台としてアラバスタが登場。
    Mr.2 ボン・クレーの能力を使った国王の信用の失墜を図り、巧みな誘導によって国家と民衆の戦争を煽っていた。
     しかし王女であるビビと護衛隊長のイガラムが計画阻止に乗り出し、
    そしてビビの嘆願を受けた麦わらの一味や、スモーカーやたしぎをはじめとした海軍の助力もありクロコダイルの計画は頓挫している。

    上記のアラバスタを巡る戦いはONE PIECEの各章の中でも特に人気があり、それに比例してアラバスタの知名度も高い。
     
スポンサードリンク

コメント