【ONE PIECE】赤髪のシャンクス最強説

はい、皆さんこんにちはこんばんは雨崎です。

みなさんはシャンクスというキャラをご存知でしょうか?
私がいつものようにピカチュウの鳴き真似をしながら四つん這いで近隣を徘徊している時、ふと「そういやシャンクスとかいうキャラ居たな…」と思い出し、全巻読み返したら最強キャラだったのでご紹介します。

【シャンクスの凄まじさ】

近海の主から自分の腕を犠牲にルフィを助ける

ひょんな事から命を落としかけたルフィを身を呈して救う場面。自身の犠牲を厭わないシャンクスの姿に感動した読者も多いのではないだろうか。
しかしこの場面でよく突っ込まれる点がある。四皇であるシャンクスほどの海賊が近海の主という魚に腕を噛みちぎられた点である。
たかだか魚に噛みちぎられるシャンクスが弱いのだろうか?
いいや、これはシャンクスが弱いのではない。近海の主が四皇クラスに強かったのである。
だがそうなると新たな問題が発生する。ルフィは旅立ちの時点でその近海の主を一撃で殴り倒している。となるとルフィは四皇以上の強さを有している事になる。果たして本当にそうなのだろうか?
その通りである。ルフィは四皇以上に強いのだ。
だが1人で大海原の旅を続けるうちにホームシックにかかり精神的に著しく弱体化し、ゾロと出会う頃にはルフィは四皇クラスの力を失いただのゴム人間へと戻ったと考えられる。

四皇の一角を担う

 ONE PIECEの世界の最高勢力と言われている四皇の一人に数えられるシャンクス。もはやその実力は折り紙付きだろう。
あの山賊ヒグマを一撃で葬るほどの強さを持つ近海の主との戦いでも実力は遺憾無く発揮されており、その凄まじい覇気によって気絶させないまでも、追い払うことに成功している。
名実ともに、海賊王に最も近い存在の一人と言える。

片腕を失う前はミホークと決闘を繰り広げていた

王下七武海であるミホークと互角に渡り合っていた。片腕を失ったものの、シャンクスほどの海賊になるとまた生えてくるので何も問題は無い。

頂上戦争前に同じく四皇のカイドウと小競り合いを起こす

どの程度の小競り合いだったかは描写されていないが、その後のマリンフォード頂上戦争では無傷のシャンクスが現れていたためシャンクス側に大きな被害は出なかったと思われる。世界最強の生物と言われるカイドウと互角以上に渡り合うシャンクスこそ、本物のカイドウなのかもしれない

マリンフォード頂上戦争を終結させる

海軍本部や七武海、白ひげ海賊団やインペルダウンから脱走した囚人達と言った猛者がひしめく戦場をシャンクスの一喝で沈黙させた。
もはや
シャンクス >>> 海軍本部、七武海、白ひげ海賊団、囚人達
であることに疑いの余地はない。
いかがでしたでしょうか。シャンクスの凄まじさが皆さんにも伝わったと思います。
それでは今回はこの辺で記事を締めたいと思います。また次回の記事でお会いしましょうさようなら。
スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました