スポンサードリンク

【Googleアドセンス】Important updates about the California Consumer Privacy Act (CCPA) とは?概要まとめ【カリフォルニア州消費者プライバシー法】

スポンサードリンク

皆さんこんにちはこんばんは雨崎です。

今回は「Important updates about the California Consumer Privacy Act (CCPA)」について。

CCPA

スポンサードリンク

ある日Googleアドセンスのホーム画面を見ると怪しい通知が。

訳すると「カリフォルニア州消費者プライバシー法(CCPA)に関する重要なアップデート」ということで。

はあ、そうですか…カリフォルニア…?

とりあえず開いて読んでみることに。

アーッ!(日本語でないことに絶望して絶命)

とまあそんなことにはめげず、訳したものが以下になります。

訳文

パートナー様

カリフォルニア州消費者プライバシー法(CCPA)は,カリフォルニア州住民から個人情報を収集する特定の企業に適用される新しいデータプライバシー法です。 新法は2020年1月1日から施行されます。

Googleはすでにヨーロッパの一般データ保護規則(GDPR)に従ってデータ保護条項を提供しています。 また,2020年1月1日から,既存のデータ保護条項(CCPAを反映するように改訂)を補完する,CCPAの下でサービスプロバイダーの条項も提供しています。 オンライン契約および更新されたプラットフォーム契約をご利用のお客様は,データ保護契約を通じて,サービスプロバイダ契約が既存の契約に組み込まれます。 そのようなお客様は,サービスプロバイダーの条件を契約に追加する作業は不要です。

これらのサービスプロバイダの用語は,パートナーが制限されたデータ処理を可能にする新しいツールと共に使用できるようになります。 制限付きデータ処理は,パートナーが CCPA に対応できるようにすることを目的としています。

パートナーによっては,CCPA オプトアウト リンクをクリックしたユーザに対して制限付きデータ処理信号を送信する場合があります。 他のパートナーは,デルの製品で管理することで,カリフォルニア州の全ユーザーに対して制限付きデータ処理を有効にする場合があります。

サービス プロバイダーの条件に従い,制限付きデータ処理を有効にした状態で処理されるデータに関しては,お客様の CCPA サービス プロバイダーとして動作します。

制限付きデータ処理の詳細と,制限付きデータ処理がCCPAコンプライアンスのニーズを満たしているかどうかを確認するには,この文書を参照してください。

制限付きデータ処理の詳細については,Ad Manager,AdMob,AdSense に関するヘルプセンターの記事も参照してください。

Googleのデータプライバシーポリシーの詳細については, privacy.google.com/businessesを参照してください。

このアップデートについてご質問がある場合は,お客様のアカウントチームにお問い合わせいただくか,Ad Manager,AdSense,またはAdMobヘルプセンターまでご連絡ください。

概要

まあ要するにカリフォルニア州民の「事業者が収集する個人情報のカテゴリーや特定の情報についての開示を要求する権利」、

「個人情報が共有される第三者についての開示を要求する権利」

および「事業者が収集した個人情報の削除を要求する権利」など、

それらを認めたCCPAが2020年1月1日から施行されるので、

事業者は2019年中に準備しておきましょうね、ということですね。



スポンサードリンク

ここでいう所の個人情報とは「カリフォルニア州民または世帯について識別し、関連し、記載し、結び付け、直接または間接的に合理的にたどることができるあらゆる情報」とされています。

対象事業者

CCPAの対象となる事業者は、「カリフォルニア州で事業を行い、カリフォルニア州民の個人情報を収集している、以下の1から3のいずれかの要件に該当する法人」となっています。

1. 年間の総収入が2,500万ドル以上

2. 5万人以上のカリフォルニア州民の個人情報を処理している

3. カリフォルニア州民の個人情報を売却することで年間の収入の50%以上を得ている

まとめ

(正直私には全く関係ないなぁ)

(おわり)

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました