【エド&アレン&サヤカ】遊戯王ARC Vの良かったところをキャラごとに振り返る:エクシーズ次元編【グロリア&グレイス】

みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。

今回はエクシーズ次元編のキャラクターについて。

スポンサードリンク

登場数が少ないのですぐに終わりそうですが見ていきましょう。

カイト

ハルトォォォォォ

…は今回は登場せず。

エクシーズ次元編から更にキャラクター描写が雑になっていくのですが、

カイトくんもその被害者の1人。

ずっっと敵だったのに何のフラグも描写もないまま唐突に仲間になり、唐突にデニスくんを追いかけ始め、唐突にエドと共にユーリに倒されるという、

その行動原理が誰にもわからないミステリアスなキャラクターでもあります。

ひとつひとつ描写を丁寧にしていればこういう所でキャラクターの魅力が削がれずに済んだものを、

作り手側の作品に対する不誠実な態度故に何の罪もないキャラクターが株を落としてしまう例と言えるでしょう。

遊勝

この作品の名実ともに戦犯。

デュエルの内容はたしかにちゃんとエンタメしていましたが、デュエル以外の全てで株を落とす男

勝手に次元を移動するのも

それを家族にいわないのも

そのせいで息子がいわれのないバッシングを受けることも

足が悪いから明日香さんに頼っていたはずなのにデュエル中は飛んだり跳ねたりしていたのも

なぜかデニスのエンタメを否定しているのも

自分が原因となった問題の解決に当たろうとするユウヤに厳しいのも

拘束剣によりデュエルそのものの意義を破壊したのも

これだけやらかしている割に作中では色んなキャラクターから絶大な支持を受けているのも

とにかく株を落とすポイントが多い多い。

もちろんこういったキャラは他の作品にもいますが、

遊勝さんが批判の的になるのはやはりキャラクターとしての魅力が圧倒的に欠けている所でしょう。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました