【相棒シーズン18】第4話「声なき声」色々と雑な感想【長谷川朝晴】 #aibou #相棒18

感想
※記事内容につきましては、作品に触れた個人の主観に基づく感想・考察になります。

相棒 第4話「声なき声」

あらすじ

テレビ朝日,「相棒 season18」より引用

過重労働を取り締まる職員の謎多き転落死

鍵を握るのは右京も一目置く正義のジャーナリスト!!

スポンサードリンク

厚生労働省の過重労働撲滅特別対策班、通称“かとく”の職員が転落死体で発見された。かとくのメンバーは、特別司法警察職員として違法な事業所を検察庁に送検する権限があるため、口封じに殺された可能性も考えられた。捜査に乗り出した右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は、現場の野次馬の中に、真実を伝えるジャーナリストとして名を馳せている中川(長谷川朝晴)がいるのを見つける。中川が、亡くなったかとくの職員と面識があることに不穏な空気を感じた二人は、中川と古い知り合いだという『週刊フォトス』記者・風間楓子(芦名星)に話を聞く。すると、中川が最近、遊具による児童の死亡事故を取材していたことが分かる。かとく職員の転落死と児童の死亡事故。一見接点がなさそうなふたつの事件だが、右京と亘がそれぞれの視点から捜査を進めると、意外な繋がりが見えてくる。

謎多きふたつの死に隠された共通点

正義の記者が追う事件の背景には権力の陰が!?

現代日本が抱える闇に特命係が鋭く切り込む!

ゲスト:長谷川朝晴

放送前のあれこれ

はい、相棒の青木くんの出番が多くて個人的に嬉しい今シーズン。

なんか前シーズンまでと比べて警視庁の外に出る回数が増えましたね。

青木くんらしからぬアクティブさが目立ちます。

さて第4話はあらすじを見てみるとジャーナリストに焦点を当てた回、ということになるでしょうか。

今シーズンに入りもの凄く見かける風間楓子もジャーナリストつながりで登場しています。

4話中3話に登場してるってこれもうほぼレギュラーなのでは…?

このまま次回あたりでちゃっかり花の里の3代目として居座っていてもおかしくありません。

正直あまり推理する余地のなかった過去3話、今回こそ私のあふれる推理スキルが発揮されるのではないかと期待しております。

放送中・放送後の感想

さてついに始まった第4話。

靴を履かずに落下した死体が発見されたところからスタート。

過重労働撲滅監察官、通称「かとく」の人員だそうで…

さてそんな現場で気になる人物を発見する特命係。

その正体はジャーナリストの中川敬一郎。声なき声にも耳を傾ける人物で、

フォトスの風間楓子とも知り合いの仲だそう。

しかし通報から間もないタイミングで既に遺体の身元を知っている中川に疑問を抱く特命係。

これは中川が犯人に違いありませんね(開始3分)(しかもおそらく犯人ではない)

場面は変わり風間楓子から中川についての話を聞くことに。

最近は中川が「遊具による児童の死亡事故」について取り上げていることを伝える楓子。

最近本当に遊具がなくなってますよね、

ドラえもんの空き地の方が土管があるだけ良いよなぁ、と感じるような公園も増加しています。

いやまあ土管だけ置いてある空き地もそれはそれで見かけませんが。

さて、なぜ中川敬一郎があの現場に居たのかを調べたい右京さん。

「かとく」の線から調べたいという冠城亘と別行動をとることになります。

捜査一課が「かとく」に詰問している場面に現れる冠城亘。

労働面の改善を図るべく存在する「かとく」の側に立つことで、情報を引き出します。

流石にこの辺りは元役人、うまいことやりますね。

更にその情報をエサに捜査一課と取引をしたりと、行動に無駄がありません。

一方の右京さんは児童の事故現場に現れます。

業者側の点検整備が出来ていなかったことで起きたとされる児童の事故ですが、

設置から事故までさほど期間が空いていないことを指摘する右京さん。

さあ場面が特命係の部屋に変わると現れるのは私の大好きな青木くん!!

最近は屋外で見かける機会の多い彼ですが、右京さん&冠城亘と屋内でいつもの掛け合いを見せます。

いいぞ青木くん!暗い照明が似合ってるぞ青木くん!相変わらずいい具合に性格歪んでるぞ青木くん!

場面が変わり、中川がそばを食べている所に楓子が現れます。

中川から直接情報を聞き出そうとする楓子、取り合わず席を外す中川。

楓子は去り際に「杉下右京はしつこいですよ」と忠告します。

にしても今シーズンは楓子の登場話数が多いですね。

これは花の里の女将になるのも時間の問題でしょう(適当)

さて続いては事件を起こしていた遊具を製造していた&過重労働の疑いがあるヤクトー工業に集まる特命係。

遊具の保証期間が1年間であることを確認し、更に引き取られた遊具が解体され再利用されていることを知ります。

更に怪しげな部屋を確認し、不意に突入する特命の2人。

中には外国人がびっしり。

なんだなんだこれは…?外国人詰め合わせギフトか…?

どうやら彼らは技能実習生のようで、告発メールも送られてきていました。

ヤクトー工業側からのクレームを受けた代議士から圧力を受け、

特命に忠告をする刑事部長&参事官。

これを受け、ヤクトー工業とつながりのある代議士を洗ってみる必要があると判断した特命。

にしても定期的に口を滑らせますね、参事官は。

これについてもわざと口を滑らせていたとしたら面白いのですが…

さて場面は変わり、中川に直接

「なぜ片桐(被害者)の転落現場に中川が居合わせたのか、なぜそれを記事にしないのか」を問い詰める特命。

誰かからなにかしらの圧力を受けている、もしくは中川が直接事件に関わっているから、と推理します。

最後に「なぜあの遺体が片桐さんだとわかったのか」と聞きますが、これについても明瞭な返事はされず。

これは中川が犯人に違いありませんね(20分ぶり2度目)

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました