スポンサードリンク

【相棒シーズン18】第2話「アレスの進撃〜最終決戦」雑推理&感想【船越英一郎、木村佳乃、北香那、団時朗】 #aibou #相棒18

スポンサードリンク

アレスの進撃

あらすじ

右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は、連続殺人の容疑が掛かった岩田(船越英一郎)を囮に、事件に関する情報を集めるため“信頼と友好の館”内部を捜索することに。すると、ミナ(北香那)らメンバーの部屋から、片山雛子(木村佳乃)がとある協会の顧問に就任したことを伝える週刊フォトスを見つける。その意味を推理する中、2人は、館のメンバーが利用していた漁師小屋で、海上の船から発せられているモールス信号を目撃。解読の結果、それがロシア語を意味しているのではないかと考えた亘は、社美彌子(仲間由紀恵)に解読を頼むことに。さらに、特命係を追って天礼島に上陸した捜査一課の伊丹(川原和久)と芹沢(山中崇史)が合流。連続殺人の背景が徐々に明らかになっていく中、事態が急変する。ミナを連れ戻すため強引な手段に出ている岩田が、警察に保護されている館のメンバーの前に再び姿を現し…!?

事件の背景に見え隠れする巨大権力の影

スポンサードリンク

ロシアから送られたメッセージには危険な秘密が!

極北の地を舞台に、特命係vs最強連続殺人犯の最終決戦が始まる!!

ゲスト:船越英一郎 木村佳乃 北香那 団時朗

放送前のあれこれ

前回はバーサーカーモードの船越さんが回想で大暴れしていましたが、あそこまであからさまに犯人扱いをされてしまうとまず間違いなく「普通の犯人」ではないでしょうね。

とはいえ犯人ではない、というのも普通の展開のように思えるので、

犯人と思わせておいて犯人ではないと思わせておいてな役どころかと想像しておきます。

そして事件の概要に関しては、死体発見の順番こそ甘村井他のメンバーでしたが、実際は他のメンバー甘村井の順にやられたのでは、と予想。例えば甘村井が他のメンバーを殺害した後に、

犯人が甘村井を殺害、という流れとかあり得るのかなぁと。

死体発見の順番の印象を利用した時系列の操作なのでは、と推理しておきます。

まあこのまま船越さんがバーサーカーだとすればそれはそれで面白いですが。

はい、前回の相棒記事で上記のような推理をしてみましたが、仮に当たっていたら青木くんの出番を増やして欲しいと制作側に訴えたいところ。

どうして1クールで特命係から戻っていってもたんや…(青木ファン)

とまあ相棒では恒例になりつつある、シーズン初回の2話構成。

回想まで見せてバーサーカー船越がその力を発揮していましたがアレが真相なワケがないので、

流石にもう2回ほど捻りのある展開は入れてくるものと思われます。

いやまあ仮に船越さんがあのイメージのまま犯人で、第2話も変わらず無双してたらそれはそれで伝説の回になるでしょうが…

ゾンビ杉下、バーサーカー船越、出戻りの青木といった愉快なメンツでお送りされる相棒第2話、楽しみにしたいと思います。

放送中・放送後の感想

さあついに始まった相棒第二話。

深夜、バーサーカー船越が舟の上で浮かんでいる姿からスタートです。

どうやら船越は特命係の捜査時間を稼ぐための囮となっているようです。

更に館の住人も事情聴取中ということもあり、館の内部を探し放題、

元々館に泊まっていた延長なのだからこれはそもそも住居侵入ではない、と右京さんは相変わらず。

これで果たして何十回目の住居侵入でしょうか。

そろそろ右京さんが捕まってもおかしくありませんよ。

そして登場、青木くん!土師太共々、第二話にも登場してきました。

これはレギュラー化していく流れでしょうか。

ここでバーサーカー 船越とその娘のミナの回想が。

親子で仲良く話をしていた昔、館のメンバーと絡み始める前ですね。

なんだなんだ、親子関係が壊れるフラグか?(もう壊れてそう)

さて場面が捜査に戻り、館内の電話からバーサーカー 船越のもとに誰かが電話したことが明らかに。

これは果たして一体…?

館の5人の印象を聞かれ、「僕にはタイやヒラメに見えました」と答える右京さん。

流石に竜宮城モードだっただけありますね。

しかし女性2名の部屋でも突入していく特命係は流石です。

そして館には週刊フォトスの同じ号(二年前のもの)が2冊、館に存在していることが判明。

そんなフォトスから片山雛子の記事を発見する特命係。

流石に今回の話にも絡んでくることは濃厚ですね。



スポンサードリンク

ここで場面は特命係へ戻ります。

館を出た海辺で、モールス信号のような信号をこちらに発信してくる外国船を発見。

以前ミナが言っていた「海辺で天体観測をしていた」というのもやはり怪しいですね。

あの外国船とクスリもしくは武器のやりとりでもしていたのではないでしょうか。

信号の正体を解き明かすため、社課長のもとに冠城から信号を記載したメールを送信。

「ロシア関係なら社課長かなぁと」と説明する冠城に、

「贈り物は気に入ってもらえただろうか?恐るな、強欲な悪魔を退治するためならば神も許し給うはずだ、健闘を祈る」と通訳する社。

これはどうやら武器のやりとりで確定でしょうか。

さて突如として館に北海道警が突入。

社課長の要請で特命係を拘束されることになったようです。

「言わんこっちゃない、社課長に頼むから居場所が割れました」「私だってロシア語くらい訳せましたよ」と憤る右京さんに、

「もうちょっと謙虚になってください、へそで茶を沸かしますよ」と反論する冠城。

これには見かねた北海道警がやめさせます。

なんだなんだ、ここは小学校か?

さて隔離先で「ロシア船からの贈り物とは?」

「(前話で登場した)アザラシはあくまで袋代わり、潮流を利用して何かを送ったのでは」

「天体観測とは嘘であり、あの小屋は通信基地として行われていたのでしょう」と推理する右京さん。

なるほど、アザラシを介してブツのやりとりをしていたわけですね。

翌日、はるばる北海道に訪れるイタミン&芹沢。

解放された館メンバー4人の護衛を務めることになります。

その最中、墓場でバーサーカー船越と北海道警が邂逅するカットインが挟まれ、

再びイタミン&芹沢の場面に戻ります。

館メンバーと解散し特命係と再会するイタミン達。

刑事部長から「お二人をぶち殺してこい」との命を受けた旨を伝えます。

行方不明になったお次はバーサーカーと行動を共にしたということで、怒り心頭だった様子。

まあそりゃバーサーカーと一緒はまずいですよね。

またそんなやりとりの後に右京さんの携帯の指紋調査結果が北海道警から届けられますが、

残念ながら成果を得ることが出来ませんでした。

中々物証がありませんが、果たして…?

さてそんな中、先ほどバーサーカーと揉み合っていた駐在が墓地で亡くなっている旨が伝わってきますが、

正確には気絶していた様子。

捜査に取り掛かろうとする警視庁に対し、首を突っ込むなと反発する北海道警。

この辺りもいつもの相棒とはやや異なるポイントですね。



スポンサードリンク

一方、館メンバーだけが集まった部屋での会話に。

「父はそう簡単に捕まらないわ」とバーサーカー 船越について触れるミナ。

動物園から脱走したサルのような言われような船越さんですが、

しかしその部屋の窓ガラスにいつのまにかバーサーカー船越 が…

いや完全に怪奇じゃないですか。これが噂のJホラーですか。

館メンバーが警察一同にこの旨を報告、

改めて特命係とバーサーカー船越が向かい合います。

「未だに釈然としない、館で殺戮を繰り広げたのは本当にあなたですか」「殺戮の前に館からあなたに電話をかけたのは誰ですか」と問い詰める特命係。

判然としない答えを返すバーサーカー 船越。

この会話の間に館メンバー達が逃げ切ることに。

特命係の問答は時間稼ぎのためだったわけですね。

一方「まだやり残したことがある」と呟いた船越は冠城くんを拘束、倒れてしまうことに。

おいおい、冠城くんここでまさかの殉職か…?(そんなわけない)

CM明け、避難しているイタミン&芹沢、そして館メンバー。

山中で会話をしている最中、突如館メンバーが四方に走り去り、

イタミン達を撒いてしまいます。

いや簡単に撒かれすぎや!

もうちょっと頑張ってイタミン!

ここで北海道にまで青木くんが「特命係の携帯と連絡が取れないから」「衣笠副総監からの命を受けて」やってきました。

まさかのアクティブ青木…!

警視庁から外に出ることあるんですね彼。

特命係とサイバーセキュリティを行ったり来たりするシャトルバスか何かだと思っていましたが

違ったようです。

さてイタミン、芹沢、青木くんの3人を加え、事件の整理。

「右京さんのスマホを流したミナさんの指紋が検出されなかったのはおかしい」と話します。

ここで北海道警から指紋の再検出結果が。

右京さんのスマホの内の一つの指紋が亡くなった甘村井と一致、

「館メンバーを裏切り、スマホを管理していたのは甘村井」という推理が繰り広げられます。

続いて青木くんから改めて人物紹介が。

青木くんの出番が多いだけで、青木ファンとしては笑顔になってしまいます。

ここで楓子から右京さんに電話が。

そしてこの電話を通じて片山雛子と右京さんが久々のお話。

「特命係の皆さん、ぜひ洞爺湖に来ません」とお誘いを受け、

次の日に日本の防衛技術をアピールする会議が行われている洞爺湖に向かうことになります。

さて、話は進み館メンバーが別の島へ避難したことが判明。

「昨年、この島で生息していないはずのヒグマの足跡が発見されてきたのですね、どうやら海を渡ってやってきたようで」という右京さんに

「まさか船越が海を渡った、と?」と追求する冠城。

「彼は元レンジャーですからね、強靭な肉体と精神はクマをも凌駕すると言っても過言ではない」とまで話す右京さんに

「その言葉は過言では」と突っ込む冠城。

まあ流石にクマ超えは過言でしょうが、少なくともクマと比べられるほど凄まじいフィジカルとメンタルを誇るバーサーカー 、ということなのでしょう。

もうヒトじゃねえじゃねえか

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました