【相棒シーズン18】第11話「元日スペシャル」色々と雑な感想【右京さんが地下に?瀧本美織 浅香航大 長谷川初範】 #aibou #相棒18

感想
※記事内容につきましては、作品に触れた個人の主観に基づく感想・考察になります。

第11話「元日スペシャル」

テレビ朝日,「相棒 season18」より引用

あらすじ

警視庁震撼の監禁籠城事件が発生!!

人質となった右京は無事脱出できるのか!?

スポンサードリンク

年の瀬。右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は、山奥のゴルフコースで開かれる警視庁主催の親睦ゴルフコンペに、“準備係”として駆り出される。コンペには、副総監の衣笠(杉本哲太)をはじめとする警視庁上層部のほか、警察庁OBの蓮見恭一郎(長谷川初範)や、その息子で組織犯罪対策3課の係長・蓮見誠司(浅香航大)らが参加していた。コンペ終了後、参加者たちがそれぞれ帰路につこうとした矢先、ゴルフ場の地下駐車場で大爆発が発生! 出入り口が完全に塞がり、居合わせた人間が、地下空間に閉じ込められてしまう。さらに、爆発に巻き込まれたと思われた“被害者”の一人が突如、持っていた拳銃を発砲!! 男は、暴力団の構成員で、その場にいた人々を人質に、「収監されている会長と7人の組員を釈放しろ!」という要求を突きつけてくる。

人質になったのは、右京と恭一郎のほか、恭一郎の秘書を務める雨宮紗耶香(瀧本美織)ら計8人。男は、この時点ですでに、指示に従わなかった人質の一人を射殺しており、状況は切迫していた。いっぽう、地上では、亘をはじめ警視庁の面々が、人質救出に向けて動き始めていた。そんな中、地下に閉じ込められている人数と人質の人数が合わないという、不可解な状況が判明。人質の中に犯人の仲間がいるのではないかという疑惑が浮上してくる。そうこうするうち、右京は今回の一件と、5年前に起きたある事故の符合に気づき…!?

5年前の事故と現在の爆破事件に奇妙な符合が!?

殺人も辞さない凶悪犯に監禁された右京たちの運命は?

警察OBを巻き込んだ想定外の人質籠城事件は、

やがて思いも寄らない驚がくの事実へと繋がっていく!!

ゲスト:瀧本美織 浅香航大 長谷川初範

放送前のあれこれ

前回までも右京さんに直接関わる事件が多かったですが、

今回も右京さんが監禁されてしまう、という事件のようです。

個人的には青木くん回がもっと増えてほしいなぁ、というところ。

レギュラーキャラではありますが、やはり他の登場人物と比べてメイン回を張る頻度は控えめなので。

いやどんだけ青木くんのこと好きなんだ私は。

さて、次回の相棒は元日に放送ということで、二週間待たされることとなります。

…が、それよりももうこんな年末なのかと驚いている、というのが正直なところ。

次にこの記事を更新するのは来年ということですね。

では未来の私にバトンタッチしながらこの記事を締めます。

放送後の感想

さあいよいよ始まったお正月の相棒。

クリスマスの相棒ロスを乗り越え辿り着きました。

舞台は2019年12月29日、某ホテルにて特命係と青木くんが登場。

そこでパーティの準備をしながらゴルフの何が楽しいのか、と意見をぶつける青木くんに対し、紳士のスポーツと反論する右京さん。

相変わらず青木くんが嫌味全開で楽しいところです。

いいぞ青木くん!もっと嫌味ぶちまけろ青木くん!

そこで蓮見警備保障で秘書をしている雨宮という女性と出会う一同。

蓮見というのは元警察のOBであり今は警備会社の社長です。

蓮見と副総監がゴルフをしているカット、

蓮見の息子と刑事部長&参事官がゴルフをしているカットが入ります。

どうやら刑事部長のゴルフの結果が芳しくなかったらしく、帰りは一緒の車に乗せてくれと特命に頼む参事官。

なんだよ、仲良しかよ!!

まあ前から一緒に花の里行ったり仲良しだと思ってたけど!!!

そして衣笠を通じ、蓮見父と蓮見息子と挨拶を交わす特命係。

こうしたキャリア組とにこやかに挨拶を交わす特命というのも少々珍しいところがありますね。

にしても開幕から青木くんの嫌味ったらしい言葉遣いや顔芸が見れて最高です。(また言ってる)

今後もどんどんその狡猾な性格を披露してほしいところ。

いやどこに期待してるんだ私は。

時間が経ち、会はお開きに。

ロビーでエレベーターを待ちながら蓮見息子と雨宮の仲睦まじい様子をうかがう特命。

成り行きで右京、刑事部長、雨宮&蓮見息子、父というメンツになり、地下駐車場へ。

そこで刑事部長が足をつり、荷物を右京さんが運ぶことに。

一方で足をつった刑事部長のもとに真鍋という謎の男が助けを申し出ます。そしてその様子をうかがうタバコを吸っていた男。

その直後、駐車場が爆発。

相棒のスペシャルとコナンの映画はとにかく爆発する、と相場が決まっていますからね。これしきでは動じませんよ。

というかコナン映画はミステリーというより爆弾メインのアクションの様相を呈していますが。



スポンサードリンク

駐車場に駆けつけた冠城亘や青木くん、参事官たち。

さて爆発の影響で瓦礫に閉じ込められた様子の右京さん。

薄暗い環境で、車内の蓮見父&雨宮の無事を確認した後、刑事部長とも合流します。

その他、駐車場内に居た人物たちとも出会い、この爆発が人為的なものであることを推理します。

しかしそのメンツの中に1人、タバコを吸っていた男が居ないことに気づきます。

そこにタバコ男(溝口)が現れ、発砲しながら「お前たちは人質だ」と脅します。

携帯や身分証明書を回収する溝口、携帯を無くしたと話す男(奥村という名前)を即射殺します。

しかしあまりにも早い退場、こいつは実は犯人と繋がりがある可能性がありますね。

外側の冠城、青木、参事官もこれをテロの可能性があるとしつつ、爆弾が他に仕掛けられているかもと推理。

さらに内側と外側で駐車場内の人物を一人一人確認。果たしてここからどのような展開を辿るのでしょうか。

時間が経ち、駐車場付近に警察が駆けつけます。

さて腕を縛ろうとする溝口。

しかしなにか液体が流れる音に気づきます。

溝口の威嚇射撃が命中し、トラックが破損しそこから液体が流れているようで…

いやいや怖い怖い

意図せずバイオテロになってませんこれ?

そのトラックで除草剤と薬剤を運んでいた来島という男が内容を説明、

右京さんが実際に流れている薬品が何かを確認しに向かいます。

トラック内で薬品名がステアリン酸であることを確認、極めて危険な薬品であることを知ります。

仮にあのまま流し、排水溝にたどり着けば反応を起こし溝口にとっても危ない状況に陥ると説明。

右京さんはまず、せきとめるよう促します。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました