スポンサードリンク

【今年の漢字2018】「災」に決定【過去の一文字一覧】

スポンサードリンク

みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。

今回は「今年の漢字」について。

今年の漢字

スポンサードリンク

今年の漢字とはそもそも「漢検」でお馴染みの日本漢字能力検定協会が行っているキャンペーンの一環です。

全国から「その年を象徴する一文字」について募集、最も多かったものを「今年の漢字」として12月12日の「漢字の日」に発表する、というものです。

前置きはこれくらいにして本題へ。

2018年は「災」

今年に関しては特に多かった災害の「災」、わざわいという字が今年の漢字となりました。

実はこれ2004年にも同じく「災」だったんです。

今年も地震に豪雨に猛暑に豪雪、色々と起きましたからね。

また災害以外の理由で「災難」だった人も多いのでは。

お笑い好きな私としては、今年のM-1終了後にネガティブな話題が多かったのが個人的に災難でした。

とはいえ「災い転じて福となす」という意味合いにも使われることですし、来年は良い一年になるよう楽しみにしています。

さて、では過去の今年の漢字はどのようなものがあったのでしょうか、見てみます。

過去の「今年の漢字」

まずは一覧で。


2017:北

2016:金

2015:安

2014:税

2013:輪

2012:金

2011:絆

2010:暑

2009:新

2008:変

2007:偽

2006:命

2005:愛

2004:災

2003:虎

2002:帰

2001:戦

2000:金

1999:末

1998:毒

1997:倒

1996:食

1995:震


複数回選ばれている漢字もありますね。

ひとつひとつ選ばれた理由を見ていきます。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました