スポンサードリンク

【乗りたくない?】満員電車でのストレス軽減策について【怖い?】

スポンサードリンク

みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。

今回は満員電車について。

満員電車におけるストレス

スポンサードリンク

もはや日常生活とは切っても切り離せない存在となっている電車。

通勤・通学をはじめ利用される方は多いのではないでしょうか。

しかしひとたび満員電車に乗り合わせてしまうとかかるストレスは決して小さなものではありません。

そこで今回は満員電車におけるストレス軽減対策を解説しつつ、

満員電車におけるストレス源を見ていきたいと思います。

①人口密度の高さ

満員電車において最も不快に感じやすいのが人口密度の高さ。

通勤・通学時の人口密度の高さはある程度やむを得ないものですが、それでもスペースが少しでも空いているに越したことはありません。

全くの赤の他人と密着することを余儀なくされ、その上身動きすることすらままならない…

中には痴漢対策・痴漢冤罪対策として無理のある姿勢を取っている方もおられるでしょう。

このような状態を目的駅まで維持し続けるのは、やはりかかるストレスは大きなものであると言わざるを得ません。

②他人の行動や匂い

更に厄介なのが「①人口密度の高さ」故に他人の行動や発する匂いなどにより受けるストレスが強化されてしまう点。

密閉された空間故に逃げ場所がなく、人口密度の高さ故に他者のあらゆる行動の影響を大きく受けてしまうことになります。

隣の人が持っているバッグが揺れるたびにぶつかってくる、香水の匂いが充満して不快、

もうすこし周囲に気を配って欲しい、と思わず感じたことのある方も多いのではないでしょうか。



スポンサードリンク

③電車の揺れ

続いて電車の揺れを受けて体勢が崩れやすくなってしまう、という点。

満員電車では吊り革などを掴めない場合も多く、急な揺れの影響を受けふらつきやすくなってしまいます。

これでは身体に力も余分に入りますし、

またふらついた際に勢いそのまま周りの人に接触してしまい謝った、なんて経験がおありの方もおられるのでは。

空きスペースがほとんどないほどの満員電車であればこの問題は起きにくくはなりますが、

その場合は「①人口密度の高さ」のストレスが高まることになってしまうのでどちらがマシ、とは言い切れません。

また「②他人の行動や匂い」と「③電車の揺れ」重なることで、気分不快を催す場合もあります。

④他人に気を遣う

そして満員電車では他人に気を遣うこと自体がストレスに感じるもの。

特に降りる際には人をかき分けて降りなければなりません。

その際他人の身体の間に割って入ったり、「すいません」と言いながら降りる動作が気を遣い精神的に疲れる、という方もおられるかと思います。

とはいえ満員電車に乗る回数を重ねる中でこの点はある程度緩和されるかもしれません。

ストレス軽減策

さて、満員電車により誘発されるストレスを大きく4つに分けて見ていきました。

もはや満員電車に乗る以上は切っても切り離せない問題であるかに思えますが、これらを少しでも緩和する方法を見ていきたいと思います。

通勤の時間を変更する

満員電車対策として効果的なのが「電車が混み出す時間」を避ける、というもの。

普段乗っている時間から30分〜1時間程度ずらすことで、満員電車による不快を感じることのない電車利用が可能となります。

しかしその一方で「一本早い電車に乗るために早起きする必要がある」、「早く職場に着いてしまう」といった課題も浮かび上がってきます。

起きる時間をずらす、または仕事場の近くで時間を潰すことが出来る場合などに実践すると有効と言えるでしょう。



スポンサードリンク

位置どりを工夫する

満員電車で問題となっていた「①人口密度の高さ」をはじめとしたポイントを根本的に緩和することが出来るのが、電車内での位置どりの工夫。

ドアに近いほど密着面を減らし、降車もしやすくなる一方で、乗り降りによる人の流れの影響を受けてしまうためポジショニングが不安定です。

一方でドアから離れ通路などに進むほど四方を他者に囲まれてしまうものの、ある程度ポジショニングは安定してきます。

目的地がすぐに降りる駅なのか、それともしばらく乗る必要のある駅なのかによっても乗る位置は考えておきましょう。

持ち物を改める

満員電車というストレス源が多く存在する空間に乗り込む以上、

持ち物も満員電車に応じた動きやすいものに改めておくと無難です。

具体的には軽いカバンや動きやすい靴、感染や不快な匂いから身を守るマスクなど。

揺れなどによる転倒を防ぐ狙いもあります。

満員電車でも時間を楽しむ準備を

満員電車で地味に辛いのが行動が限定されてしまう点。

周りに人がいる以上身動きが取りづらく、カバンから物を取り出すだけでも周囲の人と接触してしまいます。

そんな満員電車にいる時間を少しでも楽しく過ごす方法(例えば本を読んだり音楽を聴いたり、目を閉じて瞑想に突入するなど)

を準備しておくと、ストレスの軽減にも繋がり効果的です。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました