スポンサードリンク

【パラサイトシングル?】「子供部屋おじさん」とは【定義や特徴】

スポンサードリンク

みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。

今回は「子供部屋おじさん」について。

子供部屋おじさんとは

スポンサードリンク

子供部屋おじさんとは、「成人を迎えた後も実家から離れることなく、子供部屋として利用していた部屋に住まい続ける、

精神的・社会的に自立出来ていないおじさん」のことを指します。

類似する言葉に「パラサイトシングル」が存在しますが、「子供部屋おじさん」の場合はネガティブな意味で使われるケースが多いようです。

由来

元々は2014年、当時の2ちゃんねるの格闘ゲーム板のスレッド内にて、TV番組で放送されたプロゲーマーの自室の様子をとあるユーザーが「まるで子供部屋だ」と形容した際、

他のユーザーが「実家暮らし子供部屋おじさんがプロゲーマーに説教垂れるって」とレスをしたことが始まりとされています。

当時は浸透されていなかったこの言葉ですが、時を経て2019年初頭に入ってからネットで多用されるようになりました。

子供部屋に住み続ける事の是非

当然のことながらおじさんが子供部屋に住み続けることそのものが悪い、というわけではありません。

経済的要因や実家のアクセス面での利便性などを考えて子供部屋に住み続けることを選択する方もおられるでしょう。

また家族の介護や実家の自営業を目的として住み続けている場合などは子供部屋おじさんという枠組みには当てはまらないようです。



スポンサードリンク

「子供部屋おじさん」への反響

さてTwitter上でも「子供部屋おじさん」に対する意見や、また自らを「子供部屋おじさん」であると主張するツイートが見られます。

それらを見ていきましょう。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました