【デュエルリンクス】効果ダメージの量が半減に【溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム】

ゲーム

※記事内の画像に関しては、

Konami Digital Entertainment,アプリ「デュエルリンクス」より引用しております。

みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。

今回はデュエルリンクスについて。

効果ダメージが半減に

スポンサードリンク

はい、9月末のアップデート以降に実装されるカードと、ラヴァゴが与える効果ダメージの量が半減することになりました。

…まあこれに関しては妥当と言えば妥当ですよね。

ライフ8000のOCGと同じ効果ダメージ量は流石に大きいところ。

このメンテナンスを経て、これまで実装できなかった方界などのバーンカードを売り込みたい狙いはあるのでしょう。

さて、この半減に関しては良いのですが、問題はここから。

モンスターの戦闘ダメージや、回復効果に関してはこのままで良いのか?というところ。

回復効果に関しては勝利に直結する部分ではないため、調整としては必要ないものが多いかもしれませんが、

戦闘ダメージに関しては話が別。

現にこれまで、マスク暗鬼やコンセントレイト、プルガトリオなどが容易にワンキルを可能にしてきたのは、

OCGと変わらぬ戦闘ダメージ量だから、という部分が大きいでしょう。

効果ダメージを半減するのであれば、戦闘ダメージも半減するのが調整的にも妥当なラインな気もします。

ただ効果ダメージと比べると戦闘ダメージは比較的防ぎやすい、対策しやすい、というのは確かに理由として一理あるので、

カードの効果により相手のライフに戦闘ダメージを与えるもの、戦闘ダメージを増やすバフ系のカードに関してのみ、半減させるというのは中間策として良いかなと思います。

例えば先ほど例として挙げたプルガトリオや暗鬼は、本来であれば相手のライフに与えられないはずのダメージをモンスター効果により直接与えているので、

それらを一律で戦闘ダメージのみ半減したり。

コンセントレイトに関しても打点上昇はそのままで、与える戦闘ダメージのみ半減させればリンクスのバランスとしては悪くないのでは。

ただこれだけカードを実装した後にそれらを修正するとなると、運営としても負担は大きいでしょうし、

「戦闘ダメージに干渉するカードのみダメージを半減」案は中々現実的ではないかもしれません。

ただ今後はラヴァゴのように、過剰に環境に負荷を与えたカードはテキストごと修正される、ということがたびたび出てくるかもしれません。

では今回はここまで、また次回。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました