【デュエルリンクス】ヴェノム襲来…?毒邪神ヴェノミナーガデッキが弱い理由【キング帯で調整】

ゲーム

みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。

今回はデュエルリンクスについて。

襲来…?ヴェノミナーガ

スポンサードリンク

はい、今回はヴェノミナーガ様について。

色々な構築を試しましたがハッキリ言ってめちゃくちゃ弱いです。

今回はその理由を挙げていきます。

召喚できない

ヴェノミナーガを場に出すためにはフィールドに「ヴェノミノン」「邪神降臨」の2枚を揃える必要があります。

まずここが一つ目の鬼門。

ヴェノミノンを場に出すだけなら手段は比較的ありますが、

問題は邪神降臨。

罠カード故に現実的なサーチ手段に乏しく手札に引き込みにくく、

さらに仮に引けたとしても伏せ除去等に潰されてしまうケースが非常に多く見られました。

更に邪神降臨の発動条件は「ヴェノミノンが戦闘以外で破壊され墓地へ送られた時」。

アルマデスや古代の機械熱核竜による戦闘破壊や爆風トカゲ&六武派二刀流によるバウンス、サブテラーリグリアードやゲーテの魔導書、メタファイズダイダロスによる除外には全く対応していません。

はい、対戦でよく見るカードばかりですね。(絶望)

つまりリミットリバースやヴァイパーリボーンによる自壊を利用しなければ、

「カードを揃えているのにコンボが決まらない」という不思議な事態に陥る可能性が非常に高いわけです。

相手がよほど悠長か、あるいは手札が事故を起こしているか、またあるいはこちらが上振れムーブを起こしているかでも無い限り、

ヴェノミナーガをまともに召喚することすらできません。

「ヴェノミナーガを出せない」、ここがまず一つ目の問題点。

事故率の高さ

続いてこちら。

ヴェノミナーガコンボに最低限必要なカードは「ヴェノミナーガ」「ヴェノミノン」「邪神降臨」の3種類ですが、

実際には「爬虫類族を墓地へ送り込むためのカード」や「蘇生カード」、「大量の爬虫類族」等のカードをデッキに積み込む必要があります。

するとどうなるか。

はい、事故ります。

まあそりゃそうですよね。

実用的な爬虫類族モンスターは非常に少なく、

にも関わらず爬虫類族モンスターを大量に採用しなければならない時点でデッキパワーは著しく低下し、

それに伴い事故率も上がります。

例えばヴェノミナーガデッキの理想的な手札としては「スネークレイン」「邪神降臨」「リミットリバース」の3枚が揃っている状態が挙げられますが、

逆に言えばこの3枚が揃っていない手札は大体事故っています。

カードパワーが低い

更に言えばヴェノミナーガデッキのカード単体のパワーもお世辞にも高いとは言えません。

先ほども挙げた通り実用的な爬虫類族モンスターは少なく、

それ故大量に墓地を肥やす役割を担う「スネークレイン」も消費に見合うだけの効果とは言えず、

「隣の芝刈り」はヴェノミナーガを墓地へ送るリスクがある上に回収カードも採用しなければならないため論外、

「邪神降臨」もヴェノミナーガを出すだけの効果であり(更に通常罠であり発動タイミングも遅い)、

ヴェノミナーガ抜きでも戦えるぞ、というデッキでは決してありません。

ヴェノミナーガが居なければ戦えない上にヴェノミナーガを出す手段に乏しく、事故率も低くない、という非常に厳しい状態にあるわけです。

そして次がある意味最大の問題点。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました