【デュエルリンクス】レベル上昇「ハングオンマッハ」&「堕天使」デッキレシピ【キング到達】

ゲーム

※記事内の画像に関しては、

Konami Digital Entertainment,スタジオダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI,アプリ「デュエルリンクス」より引用しております。

みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。

今回はデュエルリンクスについて。

デュエルキングに到達

はい、今月もデュエルキングに到達しました!

今回はハーピィデッキと、そして今回紹介するハングオンマッハデッキを軸にランク戦を戦って行きました。

レジェンド帯はそのほとんどをハングオンマッハデッキで戦った気がします。

ハーピィデッキは初動の安定性はありますが相性的に苦手な相手がそこそこいる上、初動を潰されてしまうとジリ貧になりやすいため、

詰ませ性能の高いハングオンマッハを使うことに。

実際その制圧力は高く、キング昇格戦でもレベル上昇させたハングオンマッハを立てておいただけで降参を誘うなど、

対策札を引けていない状態でのパワーは圧巻の一言。

また、昇格戦の一つ前の対戦では月の書を引かれハングオンマッハを裏にされてしまうものの、

生き残ったハングオンマッハと手札で置物になっていたハングオンマッハを素材としてエクシーズモンスターを召喚、

どうにかデュエルに勝利という一幕もありました。

ハングオンマッハの強みを消されても諦めるのは早い、というデュエルでした。

ハングオンマッハデッキを使う以上立ち回りは明快で、「ハングオンマッハで対応できないカードをどう処理するか」という点に集約します。

したがって構築やプレイングも、いかに相手の厄介なカードを潰しながら、こちらの勝ち筋を通すかというものになってきます。

月の書や多くの妨害罠カード、またハングオンマッハを単体で潰せるブルーD等に対して、

いかに相手の狙いをかわしながら戦うかというのが肝になってきます。

詳しくは後述。

さてこのハングオンマッハデッキ、

モンスター効果に依存しているデッキが多い環境メタとしての強みがあるデッキですので、

罠ビートが増えてくるとその数も減っていくことになるでしょうが、

逆にモンスター効果インフレが進む限り、

環境に一定数その数を残し続けそうなデッキでもあります。

まあその前に「レベル上昇」が規制を受けそうですが。

そうなると「レベルコピー」でなんとか代用(かなりパワーは落ちる)ということになるんですかね。

まあそんなわけで「インフレデッキの多い環境をメタれるデッキを使いたい」という方にこのデッキはおすすめです。

ではデッキレシピへ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました