スポンサードリンク

【デュエルリンクス】コアキメイルマキシマム・コアキメイルの鋼核について【リミットレギュレーション】

デュエルリンクス
スポンサードリンク

みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。

今回はデュエルリンクスについて。

スポンサードリンク

デュエルリンクスにはリミットレギュレーションにより枚数制限をかけられたカードが数多く存在します。

今回はそれらにより制限されたカード達について、制限に指定された理由を見ていこうと思います。

記念すべき第1回はこちら。

コアキメイルのパワーの大半を支えた「コアキメイルマキシマム」と「コアキメイルの鋼核」です。

さてコアキメイルマキシマムがリミットに指定された理由はいくつか存在します。

まずは1点目。

汎用性の高い破壊効果

相手カードをノーコストで破壊できるのは当然強力。

いかに強力なモンスターが相手であろうと、厄介な永続罠が張られていようと、

このカード単体で容易に突破出来てしまいます。

この手のカードにありがちな「選択できるのは表側表示のみ」「破壊した場合は攻撃を行うことができない」などの余計な制限もなく、

このカードが特殊召喚時に失ったディスアドを簡単に取り戻してしまうことができるというわけです。

また破壊効果は1ターンに1度発動出来るため、仮にカナディア等で裏返されたとしても

次のターンには再び反転召喚され破壊効果を使うことが可能。

自壊効果を持っているにも関わらず、長期戦にもつれ込んでもその真価を発揮してしまうのです。

このカードの存在により「分断の壁」や「ウェーブフォース」といったいわゆる攻撃反応罠カードはその価値を落とすことになってしまい、デッキ構築の幅を大きく狭める結果になってしまいました。

このカードを直接処理する手段が無いデッキではそれだけで対戦の形勢が決まってしまうほど、

盤面を荒らす性能は高いカードであるといえます。

では2点目へ。

スポンサードリンク

コメント