【遊戯王】早すぎた埋葬について【なぜ禁止なのか】

OCG
スポンサードリンク

みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。

今回は早すぎた埋葬について考察していきたいと思います。

IMG_2021

 

【早すぎた埋葬について】

装備魔法
800ライフポイントを払い、自分の墓地に存在するモンスター1体を選択して発動する。
選択したモンスターを表側攻撃表示で特殊召喚し、このカードを装備する。
このカードが破壊された時、装備モンスターを破壊する。

 

墓地のモンスターを特殊召喚する装備魔法。
選択できるモンスターに制限はなく、どのようなモンスターでも蘇生させることができるのが特徴。
ただし登場当初は死者蘇生という強力な蘇生カードの存在もあり、その下位互換という見方が強かったカードでした。
死者蘇生と比較するとこのカードは
表示形式は攻撃表示で固定だったり、ライフコストが必要だったり、このカードが破壊された場合はモンスターも破壊されたりと
死者蘇生と比べるとデメリットが目立っていた​ため、下位互換とする向きもやむを得ないですが。
 
 
しかし登場当初からただ一点、「このカードが破壊された時、装備モンスターを破壊する」の一文だけは注目されていました。
要するに何らかの手段でこのカードをバウンスできれば、完全蘇生が成り立つ上に「早すぎた埋葬」が再利用出来るという点です。
 
 
 
スポンサードリンク

コメント