【ONE PIECE】小紫の正体【光月家とモモの助の妹:日和】

みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。

今回はONE PIECEについて。

モモの助の妹:日和

スポンサードリンク

今回はここに関して。

モモの助の生き別れの妹、日和についてです。

以前にモモの助が「自分には妹がいた、いまも生きていれば26歳」という発言をしており、

その際該当者が「小紫しかいない」という結論を出しました。

ワノ国に登場するキャラクターで未だモモの助と面識がなく、

なおかつタイムスリップをしていない26歳位の女性キャラクターが小紫しか居ないからです。

そして今回、小紫がオロチと対峙した際に「自分は武士の娘」である旨を発言。

これはもう確定と言っても良いのではないでしょうか。

つまり小紫の正体はモモの助の妹・日和だった、ということになります。

今後の展開

小紫とオロチの騒動がどういった顛末を辿るかは不明ですが、

少なくともオロチにたてついた小紫がお咎めなし、というわけにはいかないでしょう。

となるとカイドウ・オロチ陣営に居座るわけにはいかず、

ルフィ・錦えもんグループと何らかの接触をする流れになると思われます。

そしていずれはモモの助と顔をあわせる、といった展開になるでしょうか。

ただし小紫がモモの助を目撃した場合は「自分の兄である」と認識できるでしょうが、

モモの助が小紫を目撃しても成長し姿が変わっている以上「自分の妹だ」と認識するのはかなり難しいかもしれません。

母親に似ていればその面影になにかを感じることもあるかもしれません。

仮にそういった展開になるとモモの助と小紫が互いを認識し合うのはまだまだ先になるでしょう。

いずれわかり合う展開になるのは間違いないでしょうが。

というわけで今回はこの辺りで記事を締めます。

また次回お会いしましょう、さようなら。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました