【2021まとめ】実在!「キラキラネーム」とは?珍しい名前一覧【2020:改名?いじめ?ランキング】

インターネット

珍しい名前

※当記事において取り上げた名前を侮辱及び中傷する意図は一切ありません。

というか私自身も(苗字ではあるものの)本名は珍しいこともありそういった経験は多めなので。

一部では珍しい名前をつける親に対して、そのラインを超えて侮辱表現をぶつけるメディアも存在しますが、

この記事は「色んな名前があるんだなぁ」とその多様性の幅、時代の変化を見ていただきたい、というのが趣旨となります。

さて現代では一読して読むのが難しい珍しい名前が増えてきました。

今回はそんな珍しい名前についての記事となります。

ちなみに、その中で生まれた「キラキラネーム」という言葉があります。

「キラキラネーム」とは、社会一般における「名前の常識」に囚われない、珍しい名前を表します。

育児雑誌等の特集の影響もあり現在では「キラキラネーム」という表現が定着していますが、

その言葉が侮辱的である、いじめに発展しかねない、とする声も上がっているため、そう呼ぶのはやめた方が良いでしょう。

また、名前というのは親の想いが込められた大切なものであり、比較的珍しいものであったとしても周囲がはやし立てて良い、という理由にはなりません。

私自身も珍しい苗字のためよく似た名前のキャラクター等のあだ名をつけられイジられることがありましたが、

セーフなのはそのラインくらいまででしょうかね。あくまで「イジり」まで。

珍しい名前を取り上げているメディアも、そのラインを見極めてイジっている印象です。

名前を聞いて受け取った印象や、論評の範囲に入るレベルであれば問題無いでしょうが、

「そんな名前をつける親は○○だ!」などまでいくと相手の心を傷つけ社会的地位を下げる恐れがあるため、絶対にやめましょう。罪に問われる可能性も出てきます。

命名について

さて、珍しい名前に触れる前に、そもそもの疑問として「珍しい漢字や、読み方はどこまでつけることができるの?」という点について。
色々な珍しい名前をメディアを通じて知った、という方もおられるかもしれませんが、
そもそもどの程度自由に名前を付けることが出来るのでしょうか。

まず表記される名前に関しては平仮名、片仮名、そして常用漢字や戸籍法により定された人名用漢字から選んで使用することができます。

また読み方に関しては基本的に規定がなく、戸籍法により規定がなされた漢字や平仮名・片仮名を用いる限り、
どのような読み方でも付けること自体はできるということになります。
最近では漢字からはおよそ推測できない読み方の名前も一般的になってきていますが、
こうした背景から読み方は基本的には自由に付けることが出来るわけですね。

さて今回は珍しい名前を部門別に見ていこう、という企画。

ぜひとも最後までお付き合いください。

それでは。

珍しい名前一覧:例

コメント

  1. あき より:

    名前は両親からの最初の贈り物と言うが…こういうキラキラネームは贈り物違う…
    いじめの原因を作る様な名前は虐待だと思う。
    あと、シワシワネームとか古い時代に使われてた名前をシワシワ言うな(_・ω・)_

タイトルとURLをコピーしました