【遊戯王 #SEVENS】第43話「開幕!チームバトルロイヤル」感想:vs オーティス【ラッシュデュエル】

感想
※記事内容につきましては、作品に触れた個人の主観に基づく感想・考察になります。

みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。
今回はラッシュデュエルについて。

感想

最後、オーティスが今日のまとめ的なことを言いながら連行されるシーンが個人的ハイライトでした。
いいですよねあのシーン、「ああ、もうちょっと肩の力抜いて生きよう」という気持ちになりました。
ありがとうオーティス。

展開としてはかなり私得。
まさかのあのチームに遊我加入、という激アツ展開になってきました。
遊我はてっきり盤外で出番を貰い続けるか、ネイルあたりと組むことになるかと思っていたので、
あのチームに入るのは予想外。

物凄くメタ的な見方をすると、
あのチームって他の漫画やアニメで言えば、物語的には既に山場を終えて、今後インフレの波に飲まれてしまってもおかしくないメンツなわけじゃないですか。
しかも彼らは実は遊我くんと関係性がそこまで構築もされていないんですよね。

そんな彼らのもとに遊我くんが入ることで、関係性が深められていくというのは、
より物語を多角的に楽しむことができる激アツ展開だと思います。

この手の主人公が、「メインほどではないサブキャラ」のみと関係性を構築していく展開は好きです。
遊我くんと彼らががっつり絡んでるのが早く見たい、という気持ちにさせられます。

バトルロイヤル展開、というだけでも王道激アツなのですが、
その上主人公があのチームに…

かつての敵が味方になる、というのはよくある展開ですが、
味方がかつての敵の元で戦う、というのも楽しい展開だと思います。

そしてそんな感じでめちゃくちゃテンションが上がったところでオーティスの連行シーン。

ここで私の今話の評価が2億点になりました。

ありがとうオーティス。ありがとうラッシュデュエル。

色んな意味で大会が楽しみになってきました。
はい、では今回はここまで!
また次回!

コメント

タイトルとURLをコピーしました